東京ガスのエリアのガス会社の料金比較

東京ガスエリアのガス自由化


東京ガスのエリアの料金比較  東京、神奈川、埼玉、千葉県などで都市ガスを供給している、世界でも最大の都市ガス会社です。そんな東京ガスエリアに参入しているガス会社の料金プランを比較します。


一般契約プランからの乗り換え


 東京ガス(東京地区)の「一般契約プラン」で契約中の世帯での乗り換えシミュレーションです。
 総務省統計から推計した世帯人数ごとの「平均使用量」で試算しました。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
備考
河原実業
ガスのみ
-3.8%
-1435円
-5.4%
-3253円
-5.5%
-3992円
-5.5%
-4085円
供給は東ガスエリアの一部のみ
初月料金から更に950円引き
レモンガス
ガスのみ
公式サイト
-3.8%
-1455円
-4.3%
-2556円
-4.4%
-3170円
-4.4%
-3247円
キャンペーンで更に3千円引き
ニチガス
ガスのみ
-2.7%
-1027円
-3.5%
-2127円
-3.8%
-2741円
-3.8%
-2818円
キャンペーンで更に2千円引き
ニチガス
電気とセット契約
-5.9%
-2227円
-5.5%
-3327円
-5.4%
-3941円
-5.4%
-4018円
東電の電気とセット契約
キャンペーンで更に2千円引き
東京電力
契約1年目
-8.0%
-3044円
-8.0%
-4807円
-8.0%
-5791円
-8.0%
-5914円
電気とセット契約必要
(指定プランに変更必要)
東京電力
2年目以降
-3.0%
-1141円
-3.0%
-1802円
-3.0%
-2170円
-3.0%
-2216円
電気とセット契約必要
(指定プランに変更必要)

 入会特典の割引も加味すると、レモンガスが一番お得です。


 この他、2017年11月には大東建託系のガスパルも参入予定です。




東京ガスのお得なプラン


 設置しているガス機器によっては、東京ガスのお得な料金プランを利用できます。新規参入のガス会社を遥かに上回る「お得な」プランも多いので、東京ガスでのプラン変更もおすすめですし、既に割引プランが適用中なら無理に乗り換える必要はありません。


公式サイト

ずっともガス


 ガス自由化にあわせて発表された新プランです。


 料金は一般契約プランと同額で、「1000円につき5ポイント」のポイント還元があるプランです。約0.5%お得になる計算ですね。まあこの程度なら東電やニチガスの方がお得ですが、電気も東京ガスにまとめるなら選択肢になりうるでしょう。


暖らんぷらん


 ガス式の床暖房を設置している家庭で利用できるプランです。


 5〜11月は一般契約と同料金、それ以外の時期(冬期)は20m3以上使うとお得になる料金プランが適用されます。更に、床暖房以外の機器も設置している場合は、年間を通じて以下の割引が適用されるのでとてもお得です。


割引条件 割引額
エコジョーズ(高効率の給湯器) 3%引き
ガス温水浴室暖房乾燥機 3%引き
上記2つの同時適用 6%引き

エコジョーズ


 床暖房に加え、エコジョーズが設置されていれば年間を通して3%引き、浴室乾燥機(ガス式に限る)が設置されていれば同じく3%引きになります。両方設置されていれば6%引きなので、爆安です。ちなみに我が家も暖らんぷらんのエコジョーズ割を利用しています。


公式サイト

電気の乗り換えもおすすめ


 引き続き東京ガスのガスを利用する場合は、電気も東京ガスにまとめることも検討してください。


 3人暮らし世帯で、電気も東京ガスに乗り換えると年間10872円の節約になります(標準使用量で試算) ガスの乗り換えより節約効果は大きいです。




関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧