都市ガスにセット割を適用するデメリットと問題点とは?

ガスのセット割のデメリット


ガスのセット割引のデメリット  ガス自由化でも注目を集めるであろう「セット割引」ですが、これを選ぶデメリットにも注目してみましょう。大きなデメリットが2つあります!

大して安くならないという事実

セット割引は大して安くない

 電力自由化では、セット割やポイント還元などを全く導入していない会社がトータルで一番お得であるケースがかなり多く見られました。テレビなどのメディアではセット割を持て囃していましたが、「とことん安くする」という目的を達成するには、セット割に振り回されない方が良いということです。


 例えていうなら、主食はガス料金や電気料金です。セット割やポイント還元というのは味噌汁やお新香に過ぎません。それがあれば、より美味しくご飯を食べることが出来るかもしれませんが、それだけで満腹になるのは難しいですよね。主食であるガス料金にこそ注目すべきです。


解約が難しくなる

セット契約すると解約のハードルが急上昇する

 セット割引を適用すると、解約のハードルが上がります。例えばガスとネットをセット契約にしてしまった場合、ネットを解約するためにガスも同時に解約することを求められる場合があります。そうすると手間が増えますし、解約時の違約金もネットとガスで二重に取られてしまうかもしれませんね。


 多くの会社がセット割引を用意しているのは、自社のサービスを解約させないという目的があるからです。セット割引はお客さんを繋ぎ止めておくための鎖のようなものです。ガス自由化を取り巻く環境はまだまだ流動的です。魅力的なプランは次々に登場しますから、わざわざ自分から縛られにいくことはないです。


メリットと見比べることが大事


 セット割にはデメリットもある、ということはお分かりいただけたでしょうか? デメリットがある一方で、メリットもあります。例えばガス会社を選びやすくなるとか、これまで付き合いのある会社と契約するわけですから、安心して契約できるといった点です。ガス自由化では特に旧地域独占の電力会社が提供する「電気・ガス」のセット契約プランが注目を集めそうですが、冷静な目で検討することをお勧めします。




関連記事

都市ガス小売会社の一覧&比較

都市ガス自由化参入企業の一覧を紹介しています

セット割引で選ぶ都市ガス会社

ガスとセットで契約するとお得になるサービスを紹介します

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧