ガス会社を乗り換えても安全性は変わらないの?

やはり気になる安全性


 ガスには爆発事故や、火災のイメージがつきまといます。電力会社の乗り換えには積極的でも、ガス会社の乗り換えは「なんだか怖い」と感じる人が多いのではないでしょうか。料金以上に気になる「安全性」について解説します。


ガスの品質は大丈夫なの?


ガスの品質は大丈夫?  燃え方が悪くなったり、有害物質が含まれたガスが送られてくるようになる・・ といった「品質面」での心配をしている人も多いでしょう。この部分に関しては、自由化後も「ガス事業法」という法律によって厳格な規制が残るので大丈夫です。


 とはいえ、ガス会社が法律を破ったら危ないことになるんじゃないか、と思う人も多いでしょう。最近は企業の不祥事が相次いで報道されていますから、心配するのは当たり前のことです。
 ですが、ガス会社を乗り換えることで安全性が低下する、ということは無いと考えて大丈夫です。なぜなら、ガス自由化後は全てのガス会社が同じガス管を「共同で」利用するからです。ガス管を管理する会社が厳格に管理するので、安全性は保たれるでしょう。


 少なくとも、特定のガス会社を使っている家だけに有毒なガスが送られてくる、ということは絶対にありえないです。


ガス漏れなどへの対応は?


ガス漏れなど緊急時の対応は?  ガス漏れなど、緊急時の対応はこれまで通り地域のガス会社が担います。なので、何かあった時の対応はこれまでと何も変わりません。


 当初は乗り換えた先のガス会社(小売)が責任を負うべきではないかという議論がありましたが、それでは安全性の確保が難しくなる恐れがあるので、地域のガス会社が引き続き責任を負うことになりました。


詳細記事 → ガス漏れなど緊急時・災害発生時の対応はどうなるの?

契約したガス会社が倒産したら?


 これについても、大丈夫です。地域のガス会社がバックアップすることになっているので、突然ガスが止まることはありません。制度として保護されているので安心です。


詳細記事 → 新ガス会社が倒産・撤退したらガスが止まってしまうの?



関連記事

都市ガス小売自由化とは?

ガス自由化をわかりやすく解説します

概要


自由化の仕組み(何が変わるの?) ガス自由化の目的
いつから始まるの?-スケジュール メリット・デメリット

乗り換えについて


いくら安くなるの? 安全性は変わらないのか
緊急時の対応はどうなる? ガス会社が倒産した場合は?
乗り換えの初期費用 ガス自由化の海外事例
乗り換えに工事は必要? 乗り換えの手順と手続き
賃貸マンション・アパートは? 戸建て・持ち家住宅は?
エネファーム設置家庭は? 乗り換えると割高になるケース

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧