河原実業の都市ガスの口コミ・評判【ガス料金/セット割】

河原実業の都市ガス


 足立区が本社、1959年創業でプロパンガス事業などを展開している河原実業が都市ガス自由化に参入しました。


 河原実業は知名度こそ低いものの、年間売上高134億円で従業員数480人という決して小さくない会社です。ガス自由化には東京電力の代理店という形で参入し、東京ガス管内に参入した新ガス会社の中でも魅力的な料金プランを提示しています。




ガス料金は?


 まずはガス料金プランを解説します。


東京ガスとの比較


 東京ガスからの乗り換えでいくらお得になるのでしょうか。
 東京地区・一般契約料金からの乗り換えで試算してみました。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
河原実業
ガスのみ
-3.8%
-1435円
-5.4%
-3253円
-5.5%
-3992円
-5.5%
-4085円

 お得額は東京ガス管内でトップクラスです。
 CMをたくさん流しているニチガスより安いです。


 使用量が少ない場合(月12m3が目安)は東京ガスよりも割高となる料金設定です。使用量が少ない一人暮らし世帯や、エコキュートなど電気でお湯をつくる設備があるご家庭では注意が必要です。


セット割引


 東京電力の電気とのセット契約で、月100円安くなります。


 一般的なプランである「従量電灯」プランとのセット契約はできず、「プレミアム」や「スタンダード」といった新しいプランとの組み合わせで適用されます。


 電気については東電では節約が望めないため、セット契約を使わずに電気は新電力と契約するのがベストです(標準世帯で年間1万円以上の差になる)


新規申し込み特典


 「2018年3月31日まで」の申込で、初回の請求額が950円安くなる特典があります。




供給エリアは?


 東京ガス管内でも、供給エリアはかなり限定されています。


河原実業の都市ガス供給エリア


 運良く供給エリア内だった人はおめでとうございます。
 今後のエリア拡大に期待したいです。


 エリア外だった人にはレモンガスがおすすめです。
 ガス料金自体は河原実業に次ぐお得さです。


河原実業のデメリットは?


 河原実業の都市ガスにはデメリットは無いのでしょうか。
 気になる点を紹介します。


口座振替割引が無い


 他の新規参入のガス会社と同様に、河原実業には「口座振替割引」がありません。東京ガスでは月54円(年648円)の割引になっているので、現在割引が適用されている世帯では「お得額」が小さくなるでしょう。


 支払い方法としては口座振替のほか、クレジットカード払いにも対応しているので「楽天カード」などポイント還元率が高いカードを使って支払うことをおすすめします。




関連記事


都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧