東京電力の都市ガスの口コミ・評判

東京電力の都市ガスの概要


東京電力も都市ガス小売に参入  東京ガスとの熾烈な競争を繰り広げる東京電力。200万件もの電気の契約を東京ガスに奪われた一方、200万件のガスの契約を奪い返しています。そんなTEPCOのガスはどんなサービスなのか、東京ガスや2020年秋からエリア拡大した大阪ガス・東邦ガスと比較しながらメリット・デメリット両面を解説します。


ガス料金プランの解説


 気になる料金プランを詳しく紹介します。


地域別 乗り換えでいくらお得になる?


 ガス会社のエリアごとに、世帯人数ごとの「平均使用量」でガス料金を比較します。標準的なプランである「一般契約」との比較です。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
東京ガスのエリア
とくとくガスプラン
-3.0%
-1165円
-3.0%
-1838円
-3.0%
-2215円
-3.0%
-2262円
東京ガスのエリア
とくとくガスAP
+6.7%
+2585円
+2.8%
+1740円
+1.8%
+1342円
+1.7%
+1293円
大阪ガスのエリア
とくとくガスプラン
-3.0%
-1342円
-3.0%
-2106円
-3.0%
-2522円
-3.0%
-2574円
東邦ガスのエリア
とくとくガスプラン
-3.0%
-1563円
-3.0%
-2458円
-3.0%
-2945円
-3.0%
-3006円

 「とくとくガスプラン」は大手ガスと比較して3%安くなる料金プランです。いずれの地域においても、新規参入のプランの中では平均的か平均よりも割高といえる料金水準です。


 東京ガスのエリアで提供されている「とくとくガスAPプラン」は、Amazonプライム会員の年会費とセットになったプランです。通常のプランに、ほぼそのままプライム会員の年会費が上乗せされているので、特にメリットがあるプランではありません。


解約時の違約金は?


 ガスだけで契約する場合に関しては、「とくとくプラン」では違約金などは掛かりません。Amazonプライム会員の特典が付くプランは期間中に解約すると2400円の違約金が掛かります。


 ガスとのセット割引が適用される電気料金プランについては、解約違約金が5千円掛かるものもあるので契約時に注意してください(プレミアムプランは違約金が3千円、あるいは5千円) なお、セット割引の適用対象外となっている「従量電灯」は解約時に違約金などは掛かりません。


電気とのセット割引も


 電気・ガスをセット契約にすると、月102円の割引が加算されます。


 注意点としては、東電の従来からある標準的なプランである「従量電灯」はセット割引の対象ではありません。「スタンダードS」などの対象プランへの切り替えが必要となります。


 電気料金はほとんど安くならないので、セット契約にするのはおすすめしません。


 詳しくは電気料金シミュレーターもご確認ください。


3000円キャッシュバック


 ガスチョイスというサイトを経由して申し込むことで、3000円のキャッシュバックを受けることができます(3万円キャッシュバックもあるが、光回線とのセット契約が必要なので要注意)





東京電力の都市ガスの評価


 他社と比較した利点・欠点を紹介します。


トータルでは東京ガスがお得


 セット契約で比較した場合、東京電力よりも東京ガスの方がお得です。


内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額
東京ガスのガスと
東電の電気
5100円 9477円 14577円 -
電気・ガスともに東電
(1年目)
4700円 9329円 14029円 -548円
電気・ガスともに東電
(2年目以降)
4947円 9329円 14276円 -301円
電気・ガスともに東京ガス 5100円 8727円 13827円 -750円
いずれも原料調整費などは含まず ガスは31立米、電気は348kWh:30Aで計算
2人世帯の平均使用量です

 セット契約で選ぶのであれば、東京ガスを選ぶのが賢明といえるでしょう。東京ガスは電気・ガスともに解約違約金が掛からない点などでもメリットがあります。


東京ガスの電気の公式サイト



関連記事


都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧