レモンガスとニチガスの都市ガスの比較

レモンガスとニチガス、本当に安いのは?


 共にこれまでプロパンガスを主力としてきたニチガスとレモンガスが都市ガスにも力を入れています。ガス代が安いのはどちらなのか、世帯人数別のモデルケースで明らかにします。



ガス料金プランの比較 お得なのは?


 レモンガスとニチガスを比較していきます。


東京ガス「一般契約」との比較


 東京ガスの「一般契約」から切り替えた場合の、世帯人数別の平均使用量での試算をもとに料金比較を行います。


お得率と年間節約額
1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
レモンガス -3.8%
-1483円
-4.3%
-2604円
-4.4%
-3230円
-4.4%
-3308円
ニチガス -2.7%
-1045円
-3.5%
-2170円
-3.8%
-2797円
-3.8%
-2876円

 いずれのケースでも、レモンガスの方が安いです。レモンガスはいずれのケースでも東京ガスエリアの新規参入ガス会社の中では最安値水準、ニチガスは使用量が多い場合は上位のお得な料金プランと言えます。


 レモンガスは新規申し込みで3千円程度の割引(試算には含めていない)があるので、更にお得になります。


レモンガス公式サイト ニチガス公式サイト

サービス内容の比較


 料金以外のサービス内容や細かな条件を比較します。


レモンガス ニチガス
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
支払方法 口座振替、クレジットカードなど 口座振替、クレジットカード

 両社とも、ガスの供給以外に特に目立った付帯サービスなどは無く、条件等にも差は無いと言えます。


レモンガス公式サイト ニチガス公式サイト

両社の特徴をまとめます


 最後に、両社の特徴をまとめます。


レモンガス


 1942年創業、プロパンガスの中堅企業です。宅配水サービスとして知名度が高い「アクアクララ」もレモンガスのブランドです。


 ニチガスとの比較では、いずれもレモンガスの方が安いです。また東京ガスエリアの新規参入のガス会社の中でも最安値水準と言える低料金なのでお得に使えるガス料金プランであると言えます。


レモンガス公式サイト

ニチガス


 東京電力と組んで都市ガスの販売を強化しているプロパンガス大手です。IT化に熱心に取り組んでいるエネルギー企業としても知られています。一般には出川哲朗のテレビCMで知られていると思います。


 都市ガスの料金水準は、レモンガスと比較して割高です。使用量が多い場合は、東京ガスエリアの新規参入のガス会社の中でも上位のお得な料金プランですが、特に一人暮らしなど使用量が少ない場合は見劣りするプランです。


ニチガス公式サイト



関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧