大阪ガスのエリア(関西)のガス会社の料金比較

大阪ガスエリア


大阪ガスのエリアの料金比較  大阪ガスの都市ガス供給エリア(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)で選べる、お得なガス料金プランを比較します。


一般契約プランからの乗り換え


 大阪ガスの一般契約プランで契約中の世帯での乗り換えシミュレーションです。
 総務省統計から推計した世帯人数ごとの「平均使用量」で試算しました。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
備考
関電ガス
ガスのみ
-7.3%
-3216円
-7.5%
-5145円
-7.5%
-6170円
-7.5%
-6298円
関電「従量電灯」もしくは
新電力と組み合わせ可
関電ガス
電気とセット
-10.1%
-4438円
-10.3%
-7056円
-10.3%
-8458円
-10.3%
-8634円
電気も専用プランに要切替
新電力と組み合わせた方が得
関電ガス
eo割
公式サイト
-10.1%
-4438円
-10.3%
-7056円
-10.3%
-8458円
-10.3%
-8634円
eo電気とセット契約
関電ガス
for au
-10.1%
-4438円
-10.3%
-7056円
-10.3%
-8458円
-10.3%
-8634円
auでんきとセット契約
大阪いずみ生協
ガスのみ
+2.8%
+1244円
-1.9%
-1279円
-2.6%
-2135円
-2.7%
-2242円
大阪いずみ生協
電気とセット
-0.3%
-112円
-4.8%
-3306円
-5.5%
-4544円
-5.6%
-4699円
コープでんきとのセット契約
大阪ガス
GAS得 もっと割
公式サイト
-0.1%
-52円
-3.7%
-2575円
-4.2%
-3431円
-4.2%
-3538円
大ガスの新プラン
電気とセットで更に3%オフ
JCOMガス
JCOMとセット
公式サイト
-0.1%
-52円
-3.7%
-2575円
-4.2%
-3431円
-4.2%
-3538円
JCOMのサービスとの
セット契約

 大阪いずみ市民生協、JCOMガスはいずれも大阪ガスの代理店で、大阪ガスのガスが供給されます。




電気の乗り換えもおすすめ


内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額
大ガスのガスと
関電の電気
5736円 8369円 14105円 -
電気・ガスともに大ガス
(セット契約)
5461円 7949円 13410円 -695円
電気・ガスともに関電 5148円 7942円 13090円 -1015円
関電ガスと
あしたでんき
5308円 7482円 12790円 -1315円
いずれも原料調整費などは含まず ガスは31立米、電気は348kWhで計算(2人世帯標準使用量)
大ガスセット契約は「もっと割」

 関電ガスではガス料金が安くなるものの、月々の料金でガスの2倍の金額を占める電気代は大して安くなりません。ガス・電気それぞれ切り替えるのがベストです。


二人以上の世帯におすすめの電力会社


 2人以上の世帯におすすめなのはあしたでんきです。


Looopでんき


 関電の「従量電灯A」を利用している世帯の乗り換え先としては「最安」になる会社です。関西で人気のeo電気や大阪ガスと比べても圧倒的にお得で、2人世帯だと年間10649円の節約、4人世帯では18403円の節約になります(いずれも標準的な使用量で計算)


あしたでんき公式

一人暮らし世帯におすすめの電力会社


 一人暮らしや二人暮らしなど、使用量の少ない世帯にはENEOSでんきがおすすめ。


ENEOSでんき


 一人暮らし世帯の平均使用量(月170kWh)では、関電と比べて5.2%安くなり、年間2318円の節約になります。


ENEOSでんき公式

大阪ガスのGAS得 もっと割


 ガス自由化を機に導入した新プランです。


 「一般契約」の料金と比べて3%前後安くなります。ただし、使用量が20m3を下回ると一般契約よりも割高になるので一人暮らし世帯にはおすすめしません。


 大阪ガスの電気とセット契約にすることで、ガス料金が更に3%安くなります。


 契約にあたって特に利用条件は無く、また解約や一般契約プランに戻すのも「いつでもできます」としています。


大阪ガス公式サイト



関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧