ガス料金比較表 大阪ガスエリア版

大阪ガスエリアのガス会社の料金比較


大阪ガスのエリアの料金比較  大阪ガスの都市ガス供給エリア(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)で選べる、お得なガス料金プランを比較します。


一般契約プランからの乗り換え


 大阪ガスの一般契約プランで契約中の世帯での乗り換えシミュレーションです。
 総務省統計から推計した世帯人数ごとの「平均使用量」で試算しました。


 電気も同じ会社と契約することで利用できる「セット割引」のプランです。


1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
備考
関電ガス
電気とセット
公式サイト
-10.5%
-4719円
-10.7%
-7530円
-10.7%
-9020円
-10.7%
-9206円
電気も専用プランに要変更
年1705〜6811円安(1〜4人世帯)
関電ガス
eo割
公式サイト
-10.5%
-4719円
-10.7%
-7530円
-10.7%
-9020円
-10.7%
-9206円
eo電気とセット契約
関電ガス
for au
公式サイト
-10.5%
-4719円
-10.7%
-7530円
-10.7%
-9020円
-10.7%
-9206円
auでんきとセット契約
ガスワン
電気とセット
公式サイト
-10.3%
-4626円
-8.2%
-5752円
-7.6%
-6368円
-7.5%
-6445円
エバーグリーン
電気とセット
公式サイト
-7.7%
-3440円
-6.7%
-4709円
-6.4%
-5403円
-6.4%
-5489円
大阪ガス
GAS得 もっと割
電気とセット
公式サイト
-0.3%
-114円
-4.8%
-3397円
-5.5%
-4658円
-5.6%
-4816円
大ガスの新プラン
電気とセット契約
大阪いずみ生協
電気とセット
-0.3%
-114円
-4.8%
-3397円
-5.5%
-4658円
-5.6%
-4816円
コープでんきとのセット契約
楽天ガス
公式サイト
-1.8%
-807円
-2.9%
-2021円
-3.6%
-3022円
-3.7%
-3147円
楽天でんきと要セット契約

 ガスのみで契約できるプランです。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
備考
関電ガス
ガスのみ
公式サイト
-7.8%
-3481円
-8.0%
-5594円
-8.0%
-6701円
-8.0%
-6839円
関電「従量電灯」もしくは
新電力と組み合わせ可
ミツウロコガス
まる得プラン
-7.8%
-3493円
-7.8%
-5474円
-7.8%
-6557円
-7.8%
-6692円
ガスワン
ガスのみ
公式サイト
-4.4%
-1986円
-4.4%
-3112円
-4.4%
-3728円
-4.4%
-3805円
JCOMガス
もっと割料金コース
公式サイト
-0.1%
-53円
-3.7%
-2653円
-4.2%
-3524円
-4.2%
-3633円
JCOMのサービスとの
セット契約
東京電力
とくとくガスプラン
-3.0%
-1342円
-3.0%
-2106円
-3.0%
-2522円
-3.0%
-2574円
よかエネ -3.0%
-1342円
-3.0%
-2102円
-3.0%
-2518円
-3.0%
-2570円
ハルエネガス
公式サイト
-3.0%
-1343円
-3.0%
-2104円
-3.0%
-2520円
-3.0%
-2572円
契約事務手数料と
解約事務手数料に注意
大阪ガス
GAS得 もっと割
公式サイト
+2.8%
+1267円
-1.9%
-1333円
-2.6%
-2204円
-2.7%
-2313円
大ガスの新プラン
電気とセットで更に3%オフ
大阪いずみ生協
ガスのみ
+2.8%
+1267円
-1.9%
-1333円
-2.6%
-2204円
-2.7%
-2313円
ミツウロコガス
もっと割
+2.8%
+1267円
-1.9%
-1333円
-2.6%
-2204円
-2.7%
-2313円
いい部屋ガス
ガスのみ
-2.0%
-895円
-2.0%
-1403円
-2.0%
-1680円
-2.0%
-1715円
大東建託の物件が対象
ドリームガス
公式サイト
-1.0%
-455円
-1.2%
-819円
-1.0%
-819円
-1.0%
-819円
6千円相当の宝くじが
毎年もらえる
Eneガス
ガスのみ
-1.0%
-455円
-1.2%
-819円
-1.0%
-819円
-1.0%
-819円
契約事務手数料が
別途3780円
アースガス -0.4%
-182円
-0.5%
-328円
-0.4%
-328円
-0.4%
-328円
アースインフィニティ社

 大阪いずみ市民生協、JCOMガスはいずれも大阪ガスの代理店で、大阪ガスのガスが供給されます。


電気の乗り換えもおすすめ


内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額
大ガスのガスと
関電の電気
5845円 8479円 14324円 -
電気・ガスともに大ガス 5734円 8095円 13829円 -495円
電気・ガスともに関電 5217円 8025円 13242円 -1082円
関電ガスと
HTBエナジー
5379円 7579円 12958円 -1366円
いずれも原料調整費などは含まず ガスは31立米、電気は348kWhで計算
大ガスのセット契約はGAS得もっと割

 セット契約の場合は大阪ガスよりも関電の方が安いです。また、ガスは関電・電気は新電力と別々に切り替えると更に安くなります。


大阪ガス公式サイト 関西電力公式サイト

二人以上の世帯におすすめの電力会社


 2人以上の世帯には、HTBエナジーの「プライム関西」をおすすめします。2人以上の世帯では、関西で最安水準のプランです。HTBエナジーは大手旅行代理店HISグループの新電力会社です。2人暮らしの平均使用量では関電と比べて年間10000円、4人暮らしの場合は年20000円安くなります。



一人暮らし世帯におすすめの電力会社


 関西の一人暮らし世帯では、シン・エナジーの「きほんプラン」が最安水準です。神戸に本社をかまえ、JR西日本系や池田泉州銀行系のファンド、みなと銀行も出資する関西が地盤の中堅の新電力です。


 一人暮らしの平均使用量(月170kWh)では、関電の標準プランと比較して年間3千円安くなります。解約金も発生しません。





関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧