西部ガスのエリア(九州)のガス会社の料金比較

西部ガスのエリアのガス会社比較


西部ガスのエリアの料金比較  九州北部で都市ガスを供給する「西部ガス」のエリアで選べるガス会社を紹介します。


一般契約プランからの乗り換え


 西部ガス(福岡・北九州地区)の一般契約プランで契約中の世帯での乗り換えシミュレーションです。
 総務省統計から推計した世帯人数ごとの「平均使用量」で試算しました。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
備考
九州電力
スマートファミリープラン
-5.9%
-3600円
-9.6%
-9600円
-8.9%
-10800円
-9.7%
-12000円
九電の電気とのセット契約

 現在、西部ガスエリアに参入している新ガス会社は九電の1社のみです。


 なお、西部ガスでも熊本・長崎・佐世保・島原地区に関しては九電も今のところ「非対応」となっているため契約できません(西部ガスの料金も福岡・北九州地区と異なります)


 「きゅうでんガス」の料金体系はシンプルで、ガス料金自体は西部ガスと全く同額です。毎月のガスの使用量と電気の契約アンペア数に応じて、毎月100〜1300円が割り引かれる仕組みです。


 試算は1人世帯20A、2人世帯30A、3人世帯40A、4人世帯50Aと仮定しています。それよりアンペア数が小さければ割引額が縮小、大きければ拡大します。




電気の乗り換えもおすすめ


 九州電力のガスは、九州電力の電気とセット契約でないと利用出来ませんが、セット契約を利用せずに電気を新電力に切り替え、ガスはそのまま西部ガスを使い続けた方が「お得」になるケースが多いです。電気代が安い新電力を422社から厳選して世帯人数別に紹介します。


一人暮らしには


 九州の一人暮らし世帯には、ENEOSでんきがおすすめです。九州電力より年間1400円安くなります(2年契約の場合) 九州エリア、一人暮らしの平均使用量では最安水準の料金プランです。


ENEOSでんきの公式サイト

二人暮らしには


 2人暮らし世帯では、シン・エナジーの「きほんプラン」が最安水準です。2人暮らしの場合は九州電力より年間6600円安くなります。


 解約違約金の発生もありません。



3人以上の世帯には


 3人以上の世帯にはジャパン電力がおすすめです。


 九州電力と比べて、3人世帯では年間10000円、4人世帯では16000円安くなり最安水準の新電力です。また、解約時の違約金などが発生しない点でもおすすめです。


ジャパン電力公式サイト



関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧