西部ガスのエリア(九州)のガス会社の料金比較

西部ガスのエリアのガス会社比較


西部ガスのエリアの料金比較  九州北部で都市ガスを供給する「西部ガス」のエリアで選べるガス会社を紹介します。


福岡・北九州地区からの乗り換え


 西部ガス(福岡・北九州地区)の一般契約プランで契約中の世帯での乗り換えシミュレーションです。
 総務省統計から推計した世帯人数ごとの「平均使用量」で試算しました。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
備考
九州電力
スマートファミリープラン
-5.9%
-3600円
-9.6%
-9600円
-8.9%
-10800円
-9.7%
-12000円
九電の電気とのセット契約
ガスワン
電気セット契約
公式サイト
-4.3%
-2640円
-2.6%
-2640円
-2.2%
-2640円
-2.1%
-2640円
電気とセット契約

 いずれも電気・ガスのセット契約を前提とした料金プランです。試算にはセット割引を含めています。


 世帯人数別の平均使用量で九州電力とガスワンの電気ガスセット料金を比較します。


↓エリア 1人暮らし
電気:20A・月170KWh
ガス:月17m3
2人暮らし
電気:30A・月348KWh
ガス:月31m3
3人世帯
電気:40A・月391KWh
ガス:月39m3
4人以上
電気:50A・月437KWh
ガス:月40m3
九州電力
VSガスワン
エネワンでんきは
20A契約不可
九州電力 九州電力 九州電力

 結果としてはいずれの条件においても、ガスワンより九州電力のセット契約の安いと言えます。一人暮らしの場合、契約容量30A同士で比較するとやはりガスワン(エネワンでんき)より九州電力の方が安いです。


 なお、4人以上世帯の場合は電気だけ割安な新電力に切り替え、ガスは西部ガスを使い続けた方が九電のセット契約よりも安いです。おすすめの電力会社はこの記事の後半で紹介しているので参考にしてください。逆を言えば3人以下のセット契約では九電のセット契約がお得です。




熊本・佐世保・長崎エリア


 西部ガス(熊本・佐世保・長崎地区)の一般契約プランで契約中の世帯での乗り換えシミュレーションです。
 総務省統計から推計した世帯人数ごとの平均使用量で西部ガスの「一般料金」と料金比較します。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
備考
ガスワン
電気セット契約
公式サイト
-4.3%
-2640円
-2.6%
-2640円
-2.1%
-2640円
-2.1%
-2640円
電気とセット契約

 九州電力のガスは2022年現在、当地域には対応していません。


 ガスワンは電気(エネワンでんき)とのセット契約が前提です。ガス料金は西部ガスと同額の設定で、セット割引で料金が割引になる料金体系です(試算はセット割引込) 別途、電気代も九州電力の標準メニューより割安なのでエネワンのセット契約がおすすめです。


 電気代の世帯人数別シミュレーションは以下のとおり(九州電力「従量電灯B」との比較)


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
エネワンでんき
エネワンBプラン
セット割含まない
20A契約不可 -3.8%
-3788円
-4.4%
-5211円
-5.0%
-6723円

 2人以下世帯では、「ガスワン・エネワンでんき」のセット契約が安いです。3人以上世帯では電気だけ他の更に割安な新電力に切り替える(ガスは西部ガスを使い続ける)方がトータルでお得です。おすすめの新電力は記事後半で解説。


公式サイト

電気の乗り換えもおすすめ


 九州電力のガスは、九州電力の電気とセット契約でないと利用出来ませんが、セット契約を利用せずに電気を新電力に切り替え、ガスはそのまま西部ガスを使い続けた方が「お得」になるケースも少なくありません。電気代が安い新電力を438社から厳選して世帯人数別に紹介します。


一人暮らしには


 九州の一人暮らし世帯では、ENEOSでんきが安いです。平均使用量で九州電力の標準メニュー(従量電灯B)と比較すると以下のような結果になります。


条件 削減率・年間削減額
1人世帯
20A・月170kWh
-3.0%
-1377円
(2年契約)
1人世帯
20A・月170kWh
-2.1%
-972円

 2年契約にすることで更に安くなりますが、解約月以外の解約で1100円の違約金が発生します。解約金の無いプランでも最安水準なので解約金の無いプランがおすすめです。


 公式サイトではなく電気チョイスから申し込むと3000円分のキャッシュバックがあります。


ENEOSでんきの公式サイト

2人以上の世帯にはジャパン電力


 九州の2人以上の世帯では、ジャパン電力の「くらしプラン」が最安水準です。世帯人数別の平均使用量で九州電力の標準メニュー(従量電灯B)と料金を比較します。


条件 削減率・年間削減額
2人世帯
30A・月348kWh
-9.0%
-10595円
3人世帯
40A・月391kWh
-9.0%
-10595円
4人世帯
50A・月437kWh
-12.2%
-16568円

 各条件で最安水準となる料金プランです。個人名義での契約の場合、解約違約金や初期費用もありません。





関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧