京葉ガスのエリアのガス会社の比較

京葉ガスエリアのガス会社の料金比較


京葉ガスのガス料金比較  市川市や松戸、習志野など千葉県北西部を供給エリアとしている京葉ガス。そのエリアで選べる、京葉ガスよりもお得な都市ガス料金プランを一覧で紹介します。


一般料金からの乗り換え


 京葉ガスの「一般料金」で契約中の世帯での乗り換えシミュレーションです。
 総務省統計から推計した世帯人数ごとの「平均使用量」で試算しました。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
備考
ENEOS都市ガス -9.2%
-4091円
-7.9%
-5589円
-7.9%
-6744円
-7.9%
-6889円
ガスだけで契約可能
T-POINT還元込で試算
ニチガス -4.8%
-2122円
-7.6%
-5396円
-7.9%
-6691円
-7.9%
-6853円
ガスだけで契約可能
JCOMガス
バリューほっとコース
-3.5%
-1536円
-5.6%
-3974円
-5.9%
-5001円
-5.9%
-5130円
JCOM契約者向け
京葉ガスが供給
京葉ガス
バリューほっとコース
-0.5%
-216円
-3.8%
-2654円
-4.3%
-3681円
-4.4%
-3810円

 京葉ガスのエリアでは新規参入が無い状況が続いていましたが、少しずつ選択肢が増えてきています。


 1〜2人世帯の平均使用量ではENEOS都市ガス、3人以上世帯ではENEOSとニチガスがほぼ同額となっています。T-POINT還元を含まないガス料金だけで比較すると3人以上世帯ではニチガスの方が若干安いです(ENEOSの試算にはT-POINT還元を含めています) 2社とも電気に燃料費調整の上限が無いため、セット契約は推奨しません。


電気の切り替えもおすすめ


 電気だけで契約できる、電気代が安い新電力会社を445社から厳選して世帯人数別に紹介します。ニチガスやENEOSのガスと組み合わせて使うと、かなり安くなります。


燃料費調整に上限があるプランがおすすめ


 現在燃料価格が高騰しているため、燃料価格の変動を電気代に転嫁する「燃料費調整額」に上限が無い料金プランは東電の従量電灯Bよりも電気代が高くなる場合があります。必ず燃料費調整に上限がある料金プランを選んでください(東電でも「スタンダードS」などは上限無し 東京ガスなど多くの新電力には上限がありません)


 燃料費調整に上限がある料金プランは非常に限られていますが、その中でも関東ではコスモでんきが上限を維持しており、東電従量電灯Bよりも料金が安いです。世帯人数別の平均使用量で東電従量電灯Bと料金を比較します。


条件 削減率・年間削減額
スタンダード ポイントプラス
1人世帯
20A・月170kWh
20A契約不可 20A契約不可
2人世帯
30A・月348kWh
-2.2%
-2520円
-4.5%
-5169円
3人世帯
40A・月391kWh
-3.2%
-4320円
-4.5%
-6043円
4人世帯
50A・月437kWh
-4.9%
-7440円
-4.5%
-6965円

 いずれも燃料費調整に上限がある料金プランです。初期費用や解約違約金の発生もありません。20A以下での契約の場合、現在わざわざ契約するメリットがある新電力は無いので東電の従量電灯Bをおすすめします。


 エネチェンジの料金シミュレーションからコスモでんきに申し込むことで、1000円分のギフト券+3000円分の割引がもらえるキャンペーンを実施しています(2022年10月17日まで) 諸条件はエネチェンジのサイト上で確認してください。


 なお、エネチェンジのシミュレーション結果では直近の燃料費調整単価が必ずしも反映されていません。燃料費調整の上限が無いことで電気代が割高になっている料金プランが試算結果に「安い」と表示されている場合があるので注意してください(コスモでんきは上限があるので大丈夫です)



京葉ガスの電気も


 京葉ガスは電気も販売しています。詳細は以下の記事で解説しています ※電力取引価格高騰を受けて2022年3月から新規申込み受付停止中


 燃料費調整に上限が無い上、更に燃料費調整を値上げしたため2022年下半期現在はほぼ全ての契約者が東電従量電灯よりも割高になっています。




関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧