京葉ガスのエリアのガス会社の比較

京葉ガスエリアのガス会社の料金比較


京葉ガスのガス料金比較  市川市や松戸、習志野など千葉県北西部を供給エリアとしている京葉ガス。そのエリアで選べる、京葉ガスよりもお得な都市ガス料金プランを一覧で紹介します。


一般料金からの乗り換え


 京葉ガスの「一般料金」で契約中の世帯での乗り換えシミュレーションです。
 総務省統計から推計した世帯人数ごとの「平均使用量」で試算しました。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
備考
ENEOS都市ガス
公式サイト
-9.2%
-4091円
-7.9%
-5589円
-7.9%
-6744円
-7.9%
-6889円
ガスだけで契約可能
T-POINT還元込で試算
ニチガス
公式サイト
-4.8%
-2122円
-7.6%
-5396円
-7.9%
-6691円
-7.9%
-6853円
ガスだけで契約可能
JCOMガス
バリューほっとコース
公式サイト
-3.5%
-1536円
-5.6%
-3974円
-5.9%
-5001円
-5.9%
-5130円
JCOM契約者向け
京葉ガスが供給
京葉ガス
バリューほっとコース
-0.5%
-216円
-3.8%
-2654円
-4.3%
-3681円
-4.4%
-3810円

 京葉ガスのエリアでは新規参入が無い状況が続いていましたが、少しずつ選択肢が増えてきています。2022年2月からはENEOS都市ガスが参入しています。


 1〜2人世帯の平均使用量ではENEOS都市ガス、3人以上世帯ではENEOSとニチガスがほぼ同額となっています。T-POINT還元を含まないガス料金だけで比較すると3人以上世帯ではニチガスの方が若干安いです(ENEOSの試算にはT-POINT還元を含めています)


ENEOS都市ガス公式サイトニチガス公式サイト

電気の切り替えもおすすめ


 電気だけで契約できる、電気代が安い新電力会社を438社から厳選して世帯人数別に紹介します。ニチガスのガスと組み合わせて使うと、かなり安くなります。


一人暮らし世帯には


 一人暮らしでは、CDエナジーが最安水準です。1人暮らしの平均使用量で東電の標準メニュー(従量電灯B)と料金を比較します。


条件 削減率・年間削減額
1人暮らし
20A・月170kWh
-3.3%
-1692円

 初期費用・解約違約金もありません。CDエナジーは大阪ガスと中部電力が共同で設立した新電力会社です。一人暮らしの平均使用量では「シングルでんき」ではなく「ベーシックでんき」というプランが安いのでこちらを選んでください。



2人暮らし世帯には


 2人暮らしの世帯では、ENEOSでんきがおすすめです。2人世帯の平均使用量では関東で上位のお得な料金プランです。平均使用量で東電より年間7237円安いです(Vプランの場合)


条件 削減率・年間削減額
2人暮らし
30A・月348kWh
-6.4%
-7237円

 Vプランの場合、解約違約金・初期費用はありません。解約違約金がある2年契約の場合、更に安くなります。


 公式サイトではなく電気チョイスから申し込むと3000円分のキャッシュバックがあります。



3人以上の世帯には


 3人以上の世帯では、CDエナジーの「ファミリーでんき」がおすすめです。3人暮らしの平均使用量では東電より年間8936円、4人暮らしの平均使用量では年間12144円安い料金プランです。


条件 削減率・年間削減額
3人暮らし
40A・月391kWh
-6.7%
-8936円
4人暮らし
50A・月437kWh
-7.9%
-12144円

 初期費用・解約違約金の発生もありません。CDエナジーは中部電力と大阪ガスが50%ずつ出資して設立し、首都圏の顧客にエネルギー供給を行っている新電力会社です。



京葉ガスの電気も


 京葉ガスは電気も販売しています。詳細は以下の記事で解説していますが、電力自由化で参入した新電力の料金プランとしては「平均的」といえる料金水準です。




関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧