ガス会社の選び方

ガス会社の選び方


 2017年4月からは、一般家庭や小規模事務所などでもガス会社を自由に選んで契約することができるようになります。同時にガスを取り扱う会社が増えるため、消費者としては「ガス代が安くなる!でもどこを選べばいいのかわからない…」と期待半分、不安半分かもしれません。ですが、ガス料金を安くしたいだけならそんなに難しく考える必要はないのです。ここではガス会社選びの簡単なポイントをおさえていきましょう。


ガス小売自由化とは?

ガス小売自由化制度をわかりやすく解説します

都市ガス小売会社の一覧&比較

ガス会社の一覧を紹介する予定です

地域で絞る


ガス会社の供給地域は限られる  まず最初に、お住まいの地域にエリア対応しているガス会社を探しましょう。


 ガス自由化が開始した直後は、お住いの地域によっては「新規参入ゼロ」つまり乗り換え不可能である地域もけっこう多くなる見込みです。また、新規参入の動きが鈍いため首都圏や関西圏でも選べるのは数社のみとなりそうです。


料金で選ぶ


 立方メートルあたりいくらといった単位料金を比較してもあまり意味がありませんので、「セット契約」と「料金プラン」に注目しましょう。まずは光熱費をまとめてお得にできる「電気+ガス」のセット契約。ガスに先駆けて電力小売り自由化もスタートするため、今後はガス会社が電力を、電力会社がガスを取り扱うケースは増えてきます。さっそくセット販売を表明している会社もありますので、セット契約での割引に大いに期待したいところです。また、すでにガス自由化が始まっているイギリスでは「定額プラン」や「上限付きプラン」など日本にはないユニークなプランを提供中。今まではガス給湯器やガス発電設備を設置しているご家庭以外はあまりガス料金プランを気にする事はなかったかもしれませんが、今後はじっくり検討していきたいところです。


キャッシュバック、ポイント還元で選ぶ


 「乗り換え」となるとやはり期待したいキャッシュバック。キャッシュバック金額と年間見込まれるガス料金をあわせたお得度を比較しましょう。また、今後は東京電力のようにTカードやポンタカードと提携するガス会社や電力会社が増えてきそうです。ポイント還元率やポイントの使い勝手の良さなどでガス会社を比較するのもありかもしれませんね。クレジットカード払いにすればポイント二重取りが可能というケースもありそうです。



関連記事


ガス小売自由化とは?

ガス小売自由化制度をわかりやすく解説します

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧(予想)