ガス会社の選び方

ガス会社の選び方


 2017年4月からは、一般家庭や小規模事務所などでもガス会社を自由に選んで契約することができるようになります。同時にガスを取り扱う会社が増えるため、消費者としては「ガス代が安くなる!でもどこを選べばいいのかわからない…」と期待半分、不安半分かもしれません。ですが、ガス料金を安くしたいだけならそんなに難しく考える必要はないのです。ここではガス会社選びの簡単なポイントをおさえていきましょう。


ガス小売自由化とは?

ガス小売自由化制度をわかりやすく解説します

地域で絞る


ガス会社の供給地域は限られる  まず最初に、お住いの地域にガスを供給している新ガス会社があるのか調べましょう。


 ガス会社の比較に一覧を掲載していますが、参入企業が全く無い地域の方が多いです。その場合は乗り換えを諦めましょう。


 参入企業がある地域についても、新規参入の企業が少ないため、せいぜい1社くらいしか候補がありません。お住いの地域に対応している新ガス会社を探してください。


都市ガス小売会社の一覧&比較

ガス会社を一覧で比較できます

料金プランを比べる


 今契約しているガス会社のプランと、新ガス会社のプランを比べましょう。


 現在一般契約で、特に割引などが適用されていない場合は、特に何も考えずに乗り換えてもお得になります。ですが、エネファームやガス暖房(床暖房など)を使っていて、割引プラン(選択約款)が適用されている場合は、乗り換えによって割高になってしまうケースもあるので、注意してください。


料金を計算してみよう


 実際にご自宅の使用量で料金を計算してみましょう。


 ガスの料金は、使用量が増えるごとに基本料金が高くなり、逆に従量料金(使用量に掛かる単価)は安くなっていきます。その月の使用量によって、適用される基本料金・従量料金が毎月変わるので注意してください。


 現時点(2017年1月末)で公表されているプランは、いずれも一般契約プランからの乗り換えであれば使用量に関係なくお得になる料金体系になっているので、安心して契約できます。選択肢も少ないですから、選びやすいでしょう。




関連記事


ガス小売自由化とは?

ガス小売自由化制度をわかりやすく解説します

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧