イーレックスの都市ガスの口コミ・評判【ガス料金/セット割】

新電力大手 イーレックスが都市ガス自由化に参入


 新電力大手のイーレックスが都市ガス自由化に参入し、一般家庭などにガスを供給します。供給開始は2018年4月とまだまだ先ですが、現時点で判明している情報をもとに詳しく解説します。




イーレックスってどんな会社?


 まずはイーレックスという会社について簡単に解説します。


東証一部上場の新電力大手


 イーレックスは東証一部上場の新電力大手です。



 1999年に設立され、現在は阪和興業や太平洋セメントなどが主要株主に名を連ねています。企業や一般家庭に電気の供給を行い、一般家庭向けとしては9万件の契約を獲得。全国でも有数の規模を誇っています。


 パームヤシを絞ったあとのカスを利用したバイオマス発電に力をいれており、国内で2箇所の発電所が稼働。更に2箇所の稼働を計画しており、バイオマス発電の会社としても注目を集めています。


東電系と提携してガス自由化に参入


 今回ガス自由化への参入は、東京電力系の企業との提携により実現します。


 東京電力ニチガスが折半出資して設立した「東京エナジーアライアンス」というガスの卸や保安検査などを手がける会社と提携することで、イーレックスがガス自由化に参入を果たすことが出来ました。


 発電用に大量のガスを扱う東電から供給を受け、保安検査などの業務はニチガスが担うとのことです。


 電力自由化では競争相手としてぶつかる東京電力とイーレックスですが、ガス自由化では手を結ぶことになります。


料金プランはどうなるの?


 詳細な料金プランは公表されていませんが、現時点で判明している情報を紹介します。


東京ガスより5%安を目指す


 日本経済新聞(2017年11月14日)の報道によれば、イーレックスはガス自由化に参入するにあたって「東京ガスよりも5%程度安い価格」を提示するとのことです。


電気とのセット割引に期待


 現在ガス自由化に参入しているほとんどの企業がそうしているように、イーレックスも「電気・ガス」をセット契約にすることで料金を割り引く「セット割引」を用意してくる可能性が高いでしょう。


 イーレックスの電気料金は他の新電力と比較して、必ずしも競争力がある水準ではありませんが、ガスとセット契約にすることでトータルで魅力的な料金水準を実現することに期待したいです。


 イーレックス社のプレスリリースでも「当社グループの電力販売パートナーの既存顧客を対象として販売実施」との記載があり、電力で獲得した顧客にガスを売り込んでいく方針が示されています。


供給エリア


 日本経済新聞の報道やイーレックス社のプレスリリースによれば、当初の参入地域は「関東」とのことです。


 東京ガスの供給エリアを中心とした展開が予想されます。


 なお、イーレックスの電力は東北から九州まで幅広く展開していますが、関東以外へのガス供給については当面は難しい見通しです。東電系は関東が地盤となるため、イーレックスが他地域でガスを展開するには東電系以外との連携が必須となるためです。




関連記事


都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧