香川県のガス会社の比較

香川県のガス自由化の現状は?


香川県のガス料金比較  2017年に始まった家庭向けのガス自由化ですが、香川県内で選べるガス会社はあるのか。2021年現在の情報をもとに詳しく解説します。



香川県のガス自由化事情


 香川県内のガス自由化の現状を解説します。


新規参入が無い


 2017年に家庭向けのガス自由化がスタートして3年以上が経ちますが、香川県内に新規参入したガス会社がありません。新規参入した会社が無いため選択肢が無く、四国ガスからの乗り換えが出来ない状況が続いています。


今後はどうなる?


香川県のレオマワールド

香川県丸亀市のレオマワールド

 ガス自由化で選択肢が無いのは香川に限った話ではなく、四国の他県を含めておなじです。選択肢があるのは京阪神や首都圏などに限られます。参入のハードルが高いため、全国的に新規参入が伸び悩んでいます。


 ガス自由化では関電や東電など大手電力会社が続々と新規参入し、シェアを高めています。それでは四国電力はどうかというと、ガス自由化の参入に必要な登録申請は行ったものの、家庭向けへの参入は「予定なし」としており、今のところ目立った動きを見せていません。


 大口顧客向けなどには既にガスの販売を行っており、また新規事業として力を入れているので将来的には家庭向けの都市ガスに参入する可能性もゼロではありませんが、2017年時点で四電の社長が家庭向けの都市ガス事業に対して消極的な発言をしており、参入の可能性は低いと言えます。


プロパンガスを使っている場合は


プロパンガス


 プロパンガスは1996年に自由化されており、香川県内の多くの地域に参入企業があります。切り替えで年間5万円以上安くなる場合もあるので、まずは見積もりを取ってみてください。


 なお、賃貸にお住まいの場合は切り替えが出来ません。正確には大家さんと交渉すれば切り替えられますが、難しい場合が多いです。電気は賃貸住宅であっても自由に切り替えることが可能なので、乗り換えを検討してみてください。


電気の切り替えもおすすめ


 電気代が安い新電力を、422社から厳選して世帯人数別に紹介します。いずれも電気だけでも契約できるプランです。


一人暮らしには


 四国地方の一人暮らし世帯では、シン・エナジーの「きほんプラン」が最安水準です。一人暮らしの場合は四国電力より年間2500円安くなります。


 解約違約金の発生もありません。



2人以上の世帯には


 2人以上の世帯にはジャパン電力がおすすめです。


 四国電力と比べて、2人世帯では年間8000円、4人世帯では15000円安くなり最安水準の新電力です。また、解約時の違約金などが発生しない点でもおすすめです。


ジャパン電力公式サイト



関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧