北日本ガスのエリアのガス会社の比較

北日本ガスエリアのガス会社の料金比較


北日本ガスエリアのガス料金比較  栃木県小山市、鹿沼市、下野市を供給エリアとしている北日本ガス。そのエリアで選べる、北日本ガスよりもお得な都市ガス料金プランを一覧で紹介します。


一般料金からの乗り換え


 北日本ガスの「一般料金」で契約中の世帯での乗り換えシミュレーションです。
 総務省統計から推計した世帯人数ごとの「平均使用量」で試算しました。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
備考
ガスワン
ガスのみ
公式サイト
-2.9%
-1432円
-4.5%
-3635円
-4.7%
-4556円
-4.7%
-4671円
ガスだけで契約可能
ガスワン
セット契約
公式サイト
-8.2%
-4072円
-7.8%
-6275円
-7.4%
-7196円
-7.4%
-7311円
エネワンでんき
セット契約

 北日本ガスのエリアにはガスワンが参入しています。上記の試算には、0.5%分のT-POINT還元を含めています(税抜のガス料金に対してのポイント還元なので、税込み額に対して0.45%として加算)


 エネワンでんきとセット契約にすることで、月220円のセット割引が適用されます。


ガスワン公式サイト

電気の切り替えもおすすめ


 電気だけで契約できる、電気代が安い新電力会社を422社から厳選して世帯人数別に紹介します。


一人暮らし世帯には


 一人暮らし世帯には、CDエナジーの「ベーシックプラン」がおすすめです。
 一人暮らしの平均使用量(20A、月170kWh)では、東電より3.3%安くなる料金プランです。解約違約金が掛からないプランとしては最安水準です。


CDエナジーの公式サイト

2・3人世帯には


2・3人世帯にはエルピオでんきがおすすめです。電気料金だけでトップクラスの安さを実現しています。更に、入会特典として高額なキャッシュバックやAmazonギフト券などがもらえるキャンペーンを実施していることが多い点にも注目です。


 2人暮らしの平均使用量(30A契約・月348kWh)では年間8000円、3人暮らしの平均使用量(40A・391kWh)では年間15000円安くなる料金プランです。解約違約金もありません。



4人以上の世帯には


 4人世帯の世帯では、ジャパン電力がおすすめです。4人世帯では東京電力より年間18000円安くなり関東では最安水準の新電力です。解約違約金の発生が無い点でもおすすめです。



北日本ガスの電気も


 北日本ガスでは「ニチガスでんき」を販売しています。詳細は以下の記事で解説していますが、電力自由化で参入した新電力の料金プランとしては「平均的」といえる料金水準です。


 セット契約で見た場合、「2人以上世帯」の平均使用量ではガスワンよりもニチガス・北日本ガスのセット契約の方が安いです。一人暮らしでは、ニチガスでんきは東電標準メニューよりかなり割高になるので注意してください。


 ガスはガスワンに、電気は上で紹介した割安な新電力の料金プランを組み合わせるのがおすすめです。


ニチガス公式サイト



関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧