京都府内のガス会社の比較

京都府内のガス自由化の現状は?


京都府のガス料金比較  ガス会社を自由に選べるガス自由化ですが、京都府内では地域によって選べるガス会社が異なります。地域ごとに詳しく解説します。



京都府内でも地域によって異なる現状が


 地域ごとにガス自由化の現状を紹介します。


大阪ガスのエリアは切り替えOK


 京都府内でも「大阪ガス」の都市ガスを使っているエリアについては、ガス会社を乗り換えることが出来ます。


 選択肢が多いとは言い難いですが、関電ガスなどが新規参入しており、乗り換えることでガス代を節約することが可能です。参入企業の料金比較は、以下の記事をご覧ください。


その他の地域は・・


京都の伏見稲荷

 大阪ガスのエリア以外については、残念ながら今のところ新規参入が無いため、ガス会社を乗り換えることが出来ません。


 関電ガスやJCOMガスは「大阪ガスのエリア」のみの対応となっているため、福知山都市ガスや丹後ガスなどのエリアでは利用することが出来ません。


 大阪ガス以外の京都府内のガス会社は、姫路などからタンクローリーでガスを運んで地域内にある工場で下ろし、そこから都市ガスとして供給しています。こうした事情があるため、今後も新規参入への期待はかなり低いと言えます。


タンクローリーでガスを運んでいる


プロパンガスを使っている場合は


プロパンガス


 プロパンガスは1996年に自由化されており、京都府内の多くの地域に参入企業があります。切り替えで年間5万円以上安くなる場合もあるので、まずは見積もりを取ってみてください。


 なお、賃貸にお住まいの場合は切り替えが出来ません。正確には大家さんと交渉すれば切り替えられますが、難しい場合が多いです。


電気の切り替えもおすすめ


 電気代が安い新電力を、422社から厳選して世帯人数別に紹介します。いずれも電気だけでも契約できるプランです。


一人暮らしなら


 関西の一人暮らし世帯では、シン・エナジーの「きほんプラン」が最安水準です。神戸に本社をかまえ、JR西日本系や池田泉州銀行系のファンド、みなと銀行も出資する関西が地盤の中堅の新電力です。


 関電と比較して年間3千円安くなります。解約金も発生しません。



2人以上の世帯には


 2人以上の世帯では、ジャパン電力の「くらしプラン」が最安水準の料金プランです。


 2人暮らしの平均使用量(月348kWh)では関電の標準メニューより年間10463円、4人暮らしでは18597万円安くなる料金プランです。個人名義での契約の場合、解約違約金の発生もありません。大阪に本社をおく、太陽光発電のパネルやパネルの原材料を手掛ける会社の新電力サービスです。





関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧