宮城県のガス会社の比較

宮城県のガス自由化の現状は?


宮城県のガス料金比較  ガス会社を自由に選べるガス自由化ですが、宮城県内では「自由化したのに選べない」状況があります。どういうことか、詳しく解説します。



宮城県に進出するガス会社が無い


 まずは宮城県内のガス自由化の状況を、2019年夏時点の情報に基づき解説します。


ガス自由化から2年、新規参入無し。


 2017年のガス自由化(家庭向け)から3年以上が経ちますが、2021年現在で宮城県内に新規参入したガス会社が無い状況です。


 宮城県はおろか、東北地方の家庭向けに新規参入した都市ガス会社はいまのところありません。全国的に見ても、東京ガスと大阪ガスのエリアにはいくつかの新規参入がありますが、全体として盛り上がりに欠ける状況があります。


 なお、電力会社は自由に乗り換えることが可能です。以下の記事を参考に選んでください。


なぜ新規参入が無いのか


 自由化されたのに新規参入が無いはなぜか。その理由を簡単に説明します。


 ガス自由化では、新規参入のハードルが高いことがしばしば問題点として指摘されています。  一足早く実現した電力自由化では、発電所を持たない新電力会社でも市場取引で電気を調達することが可能で、発電所を持たない多くの会社が参入しています。一方でガス自由化では、自前でガスを調達したり、あるいはガスを持っている会社と提携しなければなりません。また、保安検査などの体制も整える必要があり、ハードルが高いです。


 また、宮城県内に関して見ると、最もお客さんの数が多い仙台市ガス局でも、最大手の東京ガスと比べて33分の1の規模しかありません。マーケットの大きさという問題もありそうです。


 現在、仙台市ガス局は民営化で揺れていますが、民営化すればもしかしたら仙台市ガス局と提携して新規参入するガス会社も登場するかもしれません(収益性の向上のため、外部企業との提携を模索する可能性がある) 一方、古川ガスや石巻ガスのように外部とガス管が接続していない地域については、今後も当面は新規参入は現れないでしょう。




プロパンガスを使っている場合は


プロパンガス


 プロパンガスは1996年に自由化されており、宮城県内の多くの地域に参入企業があります。切り替えで年間5万円以上安くなる場合もあるので、まずは見積もりを取ってみてください。


 なお、賃貸にお住まいの場合は切り替えが出来ません。正確には大家さんと交渉すれば切り替えられますが、難しい場合が多いです。諦めましょう。


電気の切り替えもおすすめ


 電気だけで契約できる、電気代が安い新電力会社を422社から厳選して世帯人数別に紹介します。


一人・二人暮らしには


 一人暮らしと二人暮しでは、まちエネの「きほんプラン」が安いです。一人暮らしと二人暮らしでは東北で最安水準の料金プランです。
 毎月1回、ローソンで数百円相当の商品と無料で交換できるクーポンがもらえる特典があり、節約額以上にお得です。解約違約金もありません。


まちエネの公式サイトを見る

3人以上の世帯には


 3人世帯の世帯では、ジャパン電力がおすすめです。3人世帯では東北電力より年間8千円、4人世帯では14000円安くなり東北では最安水準の新電力です。解約違約金の発生が無い点でもおすすめです。


 ジャパン電力は太陽光パネルの原材料の製造を手掛ける会社が提供しています。福島県内で太陽光パネル関連の工場を稼働しており、東北に密着した企業です。





関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧