奈良県内のガス会社の比較

奈良県内のガス自由化の現状は?


奈良県のガス料金比較  ガス会社を自由に選べるガス自由化ですが、奈良県内では地域によって選べるガス会社が異なります。地域ごとに詳しく解説します。



奈良県内でも地域によって異なる現状が


 地域ごとにガス自由化の現状を紹介します。


大阪ガスのエリアは切り替えOK


近鉄京都線の奈良行き

 奈良県内でも「大阪ガス」の都市ガスを使っているエリアについては、ガス会社を乗り換えることが出来ます。


 選択肢はかなり少ないですが、関電ガスなどが新規参入しており、乗り換えることでガス代を節約することが可能です。参入企業の料金比較は、以下の記事をご覧ください。


その他のエリアは・・


 奈良県内では大阪ガスの他に、大和ガスや桜井ガス、五条ガスなどのガス会社があります。


 残念ながら今のところそれらのエリアには新規参入が無いため、ガス会社を乗り換えることが出来ません。


 関西で新規参入しているガス会社は「大阪ガスのエリアのみ」の対応となっています。




プロパンガスを使っている場合は


プロパンガス


 プロパンガスは1996年に自由化されており、奈良県内の多くの地域に参入企業があります。切り替えで年間5万円以上安くなる場合もあるので、まずは見積もりを取ってみてください。


 なお、賃貸にお住まいの場合は切り替えが出来ません。正確には大家さんと交渉すれば切り替えられますが、難しい場合が多いです。


電気の切り替えもおすすめ


 電気代が安い新電力を、434社から厳選して世帯人数別に紹介します。いずれも電気だけでも契約できるプランです。


一人暮らしなら


 関西の一人暮らし世帯では、シン・エナジーの「きほんプラン」が最安水準です。一人暮らしの平均使用量で関西電力の標準メニュー(従量電灯A)と比較すると以下のような結果になります。


条件 削減率・年間削減額
1人世帯
月170kWh
-6.8%
-3071円

 初期費用や解約違約金の発生もありません。


 シン・エナジーは神戸に本社をかまえ、JR西日本系や池田泉州銀行系のファンド、みなと銀行も出資する関西が地盤の中堅の新電力です。



2人以上の世帯には


 関西の2人以上の世帯では、そらエネでんきの「得するプラン」が最安水準です。世帯人数別の平均使用量で関電の標準メニュー(従量電灯A)と料金を比較します。


条件 削減率・年間削減額
2人世帯
月348kWh
-13.2%
-13418円
3人世帯
月391kWh
-15.1%
-17587円
4人世帯
月437kWh
-16.7%
-22047円

 いずれも、各条件で関西で最安水準となります。初期費用や解約違約金の発生もありません。


 注意点としては、他の新電力や関電にある「燃料費調整」がそらエネでんきには無いため燃料価格が高騰している局面では有利ですが、燃料価格が暴落した場合に他社より高くなることもあります。試算は2021年平均の価格差を考慮しています。


そらエネでんき公式サイト

 燃料価格の推移なんて追っていられないよ、という人には「あしたでんき」の標準プランがおすすめ。そらエネでんきに次いで割安な料金プランです。世帯人数別の平均使用量で関西電力の標準メニュー(従量電灯A)と料金を比較します。


条件 削減率・年間削減額
2人世帯
月348kWh
-9.7%
-9875円
3人世帯
月391kWh
-11.4%
-13332円
4人世帯
月437kWh
-12.9%
-17031円

 関電と同じ燃料費調整単価を採用しており、関電と同じ値動き(=価格差が一定)の料金プランで、かつ関西・2人以上世帯で最安水準の料金プランです。解約違約金などもありません。


あしたでんき公式サイト



関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧