新潟県のガス会社の比較

新潟県のガス自由化の現状は?


新潟県のガス料金比較  2017年に始まった「ガス自由化」では、自宅の都市ガスを好きなガス会社と契約できるようになりました。しかし、新潟県に限ってみると自由化したのに選べない現実があります。2019年現在の最新情報を解説します。



新規参入が無い新潟県


 新潟県のガス自由化の現状を解説します。


ガス自由化でもガス会社を選べない


越後湯沢


 2017年に実施されたガス自由化では、一般家庭を含めてガス会社(都市ガス)を自由に選べるようになりました。しかし、新潟県内に参入したガス会社が無いため、ガス自由化してもガス会社を自由に選ぶことができない現状があります。


 これは新潟県に限った話ではなく、ガス自由化により「選択肢が生まれた」のは関東や関西、中部地方などの都市部に限られます。地方都市では新潟県と同様に新規参入が無く、ガス会社の乗り換えが出来ないところが多いです。


プロパンガスを使っている場合は


プロパンガス


 プロパンガスは1996年に自由化されており、新潟県内の多くの地域に参入企業があります。切り替えで年間5万円以上安くなる場合もあるので、まずは見積もりを取ってみてください。


 なお、賃貸にお住まいの場合は切り替えが出来ません。正確には大家さんと交渉すれば切り替えられますが、難しい場合が多いので諦めましょう。なお、賃貸でも電気の契約は大家や管理会社に関係なく入居者が自由に選ぶことができます。詳細は記事の一番最後で。


どうなる?今後の新潟県のガス事情


 新潟に限らず、ガス自由化で新規参入が増えない理由として「新規参入が難しい」という点が要因として指摘されています。


 ガス自由化に参入するには自前でガスを用意し、また自前で保安検査の体制を整える必要があり、電力自由化よりも参入のハードルが格段に高いと言われています。関東や中部ではそれらを一括して代理提供するサービスが登場したことで新規参入が増えていますが、新潟を始めとするエリアではそうしたサービスも無いため、参入が難しいようです。


 ガス自由化では東京電力や関西電力、中部電力などの大手電力会社がこぞって参入し、シェアを伸ばしています。一方、東北電力では今のところ家庭向けのガスを手掛けていないません(大口の法人用には参入計画中) 新潟県内に参入するガス会社が現れるまでには更に時間が掛かりそうです。


電気の切り替えもおすすめ


 ガスを切り替えられない場合でも、電力会社は自由に切り替えが出来ます。


参入企業は数十社以上あります!


 電力自由化では多くの新電力会社が参入し、新潟県を含む東北電力エリアには数十社以上が参入しています。東北電力からの切り替えで、平均5%以上電気料金が安くなるので、乗り換えを検討してみましょう。


 切り替え手続きは、電気の「検針票」があればネットで5分あれば完了します。賃貸でも問題ありません。




関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧