大分県のガス会社の比較

大分県のガス自由化の現状は?


大分県のガス料金比較  ガス会社を自由に選べるガス自由化ですが、大分県にはその恩恵が及んでいないと言える現状があります。最新情報を解説します。



ガス自由化でも「選べない」大分県


 大分県内のガス自由化の現状を解説します。


自由化したのに新規参入が無い


 ガス会社を自由に選べるようになったはずの「ガス自由化」は、2017年に実施されました。既に関東や関西では10%以上が新規参入の会社に契約を切り替えています。


 しかし大分県に関しては、2021年現在でも新規参入の会社が1社も無い状況が続いており、ガス会社を乗り換えることが出来ません。実質的に自由化前と変わらない、地域独占となっています。


 九州では福岡県を中心とする西部ガスのエリアに九州電力が参入しましたが、大分ガスやエコアといった大分県内の都市ガスエリアには対応していません。


プロパンガスを使っている場合は


プロパンガス


 プロパンガスは1996年に自由化されており、大分県内の多くの地域に参入企業があります。切り替えで年間5万円以上安くなる場合もあるので、まずは見積もりを取ってみてください。


 なお、賃貸にお住まいの場合は切り替えが出来ません。正確には大家さんと交渉すれば切り替えられますが、難しい場合が多いです。


電気の切り替えもおすすめ


 電気代が安い新電力を、438社から厳選して世帯人数別に紹介します。いずれも電気だけでも契約できるプランです。


一人暮らしには


 九州の一人暮らし世帯では、ENEOSでんきが安いです。平均使用量で九州電力の標準メニュー(従量電灯B)と比較すると以下のような結果になります。


条件 削減率・年間削減額
1人世帯
20A・月170kWh
-3.0%
-1377円
(2年契約)
1人世帯
20A・月170kWh
-2.1%
-972円

 2年契約にすることで更に安くなりますが、解約月以外の解約で1100円の違約金が発生します。解約金の無いプランでも最安水準なので解約金の無いプランがおすすめです。


 公式サイトではなく電気チョイスから申し込むと3000円分のキャッシュバックがあります。


ENEOSでんきの公式サイト

2人以上の世帯にはジャパン電力


 九州の2人以上の世帯では、ジャパン電力の「くらしプラン」が最安水準です。世帯人数別の平均使用量で九州電力の標準メニュー(従量電灯B)と料金を比較します。


条件 削減率・年間削減額
2人世帯
30A・月348kWh
-9.0%
-10595円
3人世帯
40A・月391kWh
-9.0%
-10595円
4人世帯
50A・月437kWh
-12.2%
-16568円

 各条件で最安水準となる料金プランです。個人名義での契約の場合、解約違約金や初期費用もありません。





関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧