佐賀県のガス会社の比較

佐賀県のガス自由化の現状は?


佐賀県のガス料金比較  ガス会社を自由に選べるガス自由化ですが、佐賀県でも地域によって選べるガス会社が異なります。地域ごとに詳しく解説します。



ガス自由化でも「選べない」佐賀県


 佐賀県内のガス自由化の現状を解説します。


自由化したのに新規参入が無い


 2017年に実施された「ガス自由化」により、これまで地域独占だった都市ガスの購入先を各家庭や店舗などで自由に選ぶことが出来るようになりました。


 ですが佐賀県内には2021年現在、新規参入したガス会社が「1社も無い」状況が続いており、ガス会社を乗り換えることが出来ません。実質的に地域独占が続いてしまっています。


 九州では福岡県を中心とする西部ガスのエリアに九州電力が参入し、西部ガスと激しく競争していますが、それ以外の地域には新規参入がありません。佐賀県内には鳥栖ガス、唐津ガス、佐賀ガス、伊万里ガス、筑紫ガスなどの都市ガス会社がありますが、九州電力を含め新規参入の会社はいずれも対応していません。


プロパンガスを使っている場合は


プロパンガス


 プロパンガスは1996年に自由化されており、佐賀県内の多くの地域に参入企業があります。切り替えで年間5万円以上安くなる場合もあるので、まずは見積もりを取ってみてください。


 なお、賃貸にお住まいの場合は切り替えが出来ません。正確には大家さんと交渉すれば切り替えられますが、難しい場合が多いです。


電気の切り替えもおすすめ


 電気代が安い新電力を、422社から厳選して世帯人数別に紹介します。いずれも電気だけでも契約できるプランです。


一人暮らしには


 九州の一人暮らし世帯には、ENEOSでんきがおすすめです。九州電力より年間1400円安くなります(2年契約の場合) 九州エリア、一人暮らしの平均使用量では最安水準の料金プランです。


ENEOSでんきの公式サイト

二人暮らしには


 2人暮らし世帯では、シン・エナジーの「きほんプラン」が最安水準です。2人暮らしの場合は九州電力より年間6600円安くなります。


 解約違約金の発生もありません。



3人以上の世帯には


 3人以上の世帯にはジャパン電力がおすすめです。


 九州電力と比べて、3人世帯では年間10000円、4人世帯では16000円安くなり最安水準の新電力です。また、解約時の違約金などが発生しない点でもおすすめです。


ジャパン電力公式サイト



関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧