中部電力をガスだけで契約することは可能

ガスだけで契約した方が良い中部電力のガス


 中部電力の都市ガスは、ガスだけでも契約可能です。むしろ、そうした方が良いと言えます。なぜそう言えるのか、数字を示しながら分かりやすく解説します。



ガスだけでも契約できる中部電力


 前提として、中部電力の都市ガスは「ガスだけ」でも契約が可能です。


 公式サイトからもガスだけで申し込みが可能です。


 電気(対象プラン)とセットでガスを契約すると、ガス料金が2%引きになるセット割引があります。ガスだけで契約した場合はその割引の適用が無くなりますが、ガスだけでも契約が可能です。


中部電力 公式サイト

ガスだけで契約する方が「良い」と言える理由


 中部電力の都市ガスは、ガスだけで契約した方が良いです。そう言える理由を、数字を示しながら解説します。


中部電力のガスは「安い」


 中部電力のガスは、東邦ガスエリアのガス会社の中でも最安水準と言える料金プランです。以下、世帯人数別の平均使用量で東邦ガス標準メニューとの料金比較です。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
中部電力
ガスのみ
-2.8%
-1478円
-5.9%
-4797円
-6.2%
-6095円
-6.2%
-6257円

 2人世帯の平均使用量で試算した場合、東邦ガスの標準メニューと比べて約6%安くなる料金プランです(ガスだけで契約した場合) この6%という削減率は、東邦ガスエリアのガス会社の中でも最安水準といえます。


 以下の比較表で他社のプランと簡単に比較が出来るので、他社のプランと比較してみてください。


中部電力 公式サイト

中部電力の電気は「安くない」


 ガスは「安い」と言える一方、中部電力の電気は他の新電力各社のプランと比べて安いとは言い難いです。


 ガスとのセット割引が適用される中部電力の電気料金プランは、中部電力の標準メニュー(従量電灯→このプランはセット割引対象外)と比べて0.5%〜安くなる料金設定です。


 同じ条件(2人暮らしの平均使用量)では、中電標準メニューより5%以上安くなる料金メニューもいくつかあるので、それらと比べると中電の電気・ガスのセット契約はセット割引を考慮しても「割高」と言えます。


 もっとも、別々に契約するよりも楽ですし、ガス代だけでも年間8000円の節約(2人暮らし平均使用量、セット割引込み)になるのでそれで十分という方にはセット契約はおすすめです。電気代についても、中電の標準メニューと比べて年間数百円〜数千円は安くなります。


中部電力 公式サイト

中電ガス・他社の電気の組み合わせが「最強」


 結論としては、ガスは中部電力・電気は新電力の組み合わせが「最強」です。2人暮らしの平均使用量での試算を紹介します。


内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額
東邦ガスのガスと
中電の電気
6829円 9341円 16170円 -
電気・ガスともに東邦ガス 6675円 9080円 15755円 -415円
電気・ガスともに中電 6300円 9294円 15594円 -576円
中電ガスと
まちエネ
6429円 8864円 15293円 -877円
いずれも原料調整費などは含まず ガスは31立米、電気は348kWh・30Aで計算

 東邦ガスのセット契約よりも、中部電力のセット契約の方がおトクですが、更に別々の会社と契約した方がおトクであることが分かります。


 電気は世帯人数によって「安い」会社が異なるので、以下の比較表を参考に最適な料金プランを選んでください。


 他の世帯人数での試算は以下の記事で紹介しているので、あわせて参考にしてください。


中部電力 公式サイト

関連記事


都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧