J:COMガスの評価

J:COMガス


 東京ガスと大阪ガスのエリアで開始したJCOMガス。そのメリットやデメリットを、ガス自由化の専門家がくわしく解説します。



J:COMガス公式サイト

J:COMガスってどんな会社?


 まずはJ:COMガスについて説明します。


JCOMサービスとのセット契約が前提


 JCOMガスはケーブルテレビやインターネット、電話といったJCOMの従来サービスとのセット契約が前提のサービスです。これらのサービスを契約していない人は契約できません。


大手ガス会社がそのまま供給


 東京ガスのエリアでは「J:COM ガス supplied by 東京ガス」、大阪ガスのエリアでは「J:COM ガス supplied by 大阪ガス」というサービス名になっているとおり、ガスの供給も含めてこれまで契約してきた大手ガス会社が引き続き行います。


 法律で定められた点検なども引き続き東京ガス・大阪ガスが行うので、その点で「安心感」が高いといえるかもしれません。もっとも、他の会社でも信頼性が低いというわけではありませんが。


J:COMガス公式サイト

料金プランの解説


地域別 乗り換えでいくらお得になる?


 大手ガス会社の「一般契約」からJ:COMガスに乗り換えた場合の、世帯人数ごとの試算です(総務省「家計調査」から求めた平均使用量で試算)


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
東京ガスエリア
一般コース
-3.4%
-1320円
-2.2%
-1320円
-1.8%
-1320円
-1.8%
-1320円
大阪ガスエリア
もっと割料金コース
-0.1%
-53円
-3.7%
-2653円
-4.2%
-3524円
-4.2%
-3633円

 いずれも、JCOMサービスとのセット割引き「月110円」のみ適用して試算しています。別途、JCOM電力とのセット割引きなどもあります。


 東京ガスのエリアではガス料金自体は東京ガスと同額で、JCOMサービスとのセット割引き分(月110円)だけ安くなります。料金水準は東京ガスのエリアでは「下位」で、他社に見劣りします。


 大阪ガスのエリアではガス料金自体が安く設定されている上に、JCOMサービスとのセット割引き(同じく月110円)で更に安くなっています。


 この他、ガス床暖房やエネファームを導入している家庭向けのプランに対応しているプランもあります。


J:COMガス公式サイト

セット割引は?


 JCOMの通信サービスとのセット割引きが月110円あります。


 また、JCOM電力とのセット割引き「月500円+税)もあります。試算には含めていません。


供給エリアは?


 東京ガスのエリアと大阪ガスのエリアに対応しています。


 この他、東彩ガス・東日本ガスのエリアには東京ガスブランドでJCOMとのセットプランがあります。


支払い方法は?


 ジェイコムの利用料金と一緒に支払います。
 クレジットカード払いのほか、口座振替にも対応しています。


J:COMガス公式サイト

J:COMガスの評価


契約事務手数料や解約違約金に注意


 JCOMガスを契約する際に、契約事務手数料として3千円が発生します。
 JCOM電力と一緒に申し込む場合も3千円なので、一緒に申し込んだ方がお得です。


 また、解約についても注意が必要です。
 セット契約するプランによって条件が異なるため、契約する際の説明をよく確認してください。




関連記事


都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧