神奈川県内のガス会社の比較

神奈川県内のガス自由化の現状は?


神奈川県のガス料金比較  ガス会社を自由に選べるガス自由化ですが、神奈川県内でも地域によって選べるガス会社が異なります。地域ごとに詳しく解説します。



神奈川県内でも地域によって異なる現状が


 地域ごとにガス自由化の現状を紹介します。


東京ガスのエリアは切り替えOK


 神奈川県内でも「東京ガス」の都市ガスを使っているエリアについては、ガス会社を乗り換えることが出来ます。


 選び放題と言える程ではないものの、東京ガス以外の選択肢が10社以上あり、乗り換えることでガス代を節約することが可能です。参入企業の料金比較は、以下の記事をご覧ください。


その他の地域は・・


横浜の夜景

 東京ガスのエリア以外については、そもそも新規参入が1社も無いため乗り換えできないか、あるいは新規参入が1社しかありません。地域ごとにまとめます。


地域 新規参入の会社名
厚木ガスのエリア ニチガス
秦野ガスのエリア ニチガス
大東ガスのエリア ニチガス

 厚木ガスと大東ガスと秦野ガスのエリアに「ニチガス」が参入しています。


 地域ごとの料金比較は以下の記事をご覧ください。


ニチガス公式サイト

プロパンガスを使っている場合は


プロパンガス


 プロパンガスは1996年に自由化されており、神奈川県内の多くの地域に参入企業があります。切り替えで年間5万円以上安くなる場合もあるので、まずは見積もりを取ってみてください。


 なお、賃貸にお住まいの場合は切り替えが出来ません。正確には大家さんと交渉すれば切り替えられますが、難しい場合が多いです。


電気の切り替えもおすすめ


 電気だけで契約できる、電気代が安い新電力会社を445社から厳選して世帯人数別に紹介します。


燃料費調整に上限があるプランがおすすめ


 現在燃料価格が高騰しているため、燃料価格の変動を電気代に転嫁する「燃料費調整額」に上限が無い料金プランは東電の従量電灯Bよりも電気代が高くなる場合があります。必ず燃料費調整に上限がある料金プランを選んでください(東電でも「スタンダードS」などは上限無し 東京ガスなど多くの新電力には上限がありません)


 燃料費調整に上限がある料金プランは非常に限られていますが、その中でも関東ではコスモでんきが上限を維持しており、東電従量電灯Bよりも料金が安いです。世帯人数別の平均使用量で東電従量電灯Bと料金を比較します。


条件 削減率・年間削減額
スタンダード ポイントプラス
1人世帯
20A・月170kWh
20A契約不可 20A契約不可
2人世帯
30A・月348kWh
-2.2%
-2520円
-4.5%
-5169円
3人世帯
40A・月391kWh
-3.2%
-4320円
-4.5%
-6043円
4人世帯
50A・月437kWh
-4.9%
-7440円
-4.5%
-6965円

 いずれも燃料費調整に上限がある料金プランです。初期費用や解約違約金の発生もありません。20A以下での契約の場合、現在わざわざ契約するメリットがある新電力は無いので東電の従量電灯Bをおすすめします。


 エネチェンジの料金シミュレーションからコスモでんきに申し込むことで、1000円分のギフト券+3000円分の割引がもらえるキャンペーンを実施しています(2022年10月17日まで) 諸条件はエネチェンジのサイト上で確認してください。


 なお、エネチェンジのシミュレーション結果では直近の燃料費調整単価が必ずしも反映されていません。燃料費調整の上限が無いことで電気代が割高になっている料金プランが試算結果に「安い」と表示されている場合があるので注意してください(コスモでんきは上限があるので大丈夫です)





関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧