長野県内のガス会社の比較

長野県内のガス自由化の現状は?


長野県内のガス料金比較  2017年にスタートしたガス自由化では、一般家庭でもガス会社を自由に選べるようになりました。長野県内のガス自由化事情を2019年現在の情報に基づき詳しく解説します。



ガス会社を選べない長野県


 長野県内のガス自由化の現状を解説します。


新規参入ゼロ だから乗り換え不可


長野県の軽井沢

軽井沢

 2017年に家庭向けのガス自由化が行われ、ガス会社(都市ガス)を自由に選べるようになりました。しかし3年経った2021年現在、長野県内の家庭向けに新規参入したガス会社がありません。したがってガス会社を乗り換えることが出来ない現状があります。


プロパンガスを使っている場合は


プロパンガス


 プロパンガスは1996年に自由化されており、長野県内内の多くの地域に参入企業があります。切り替えで年間5万円以上安くなる場合もあるので、まずは見積もりを取ってみてください。


 なお、賃貸にお住まいの場合は切り替えが出来ません。正確には大家さんと交渉すれば切り替えられますが、難しい場合が多いので諦めた方がいいです。なお、電気は賃貸であっても自由に切り替えができます。詳細はこの記事の一番最後で。


長野県のガス自由化は今後どうなる?


 実はガス自由化で「選択肢が無い」状況になっているのは長野県に限った話ではありません。関東・関西・中京圏を除いて新規参入の会社がゼロで、切り替えられない地域の方が多いです。


 ガス自由化は参入のハードルが高いといわれており、そのことが新規参入が増えない要因となっています。供給するガスを自前で用意したり、保安検査の体制を整える必要があり、新規参入が難しいと言われています。


 中部電力が愛知県内などでガス自由化に参入していますが、現状では「東邦ガスのエリア」のみの対応となっており、長野県内には対応していません。長野は内陸県のため、ガスの原料を届けるには新潟や静岡方面からパイプラインで長距離の輸送が必要となり、コストが高いため新規参入が難しいとも言われています。今後も当面は新規参入の会社が現れない可能性が低くないでしょう。


電気の切り替えもおすすめ


 電気代が安い新電力を、422社から厳選して世帯人数別に紹介します。いずれも電気だけでも契約できるプランです。


1・2人暮らしには


 1〜2人暮らしの場合は、まちエネの「きほんプラン」が安いです。中部電力と比較して、一人暮らしの平均使用量では年間1300円、2人暮らしの場合は5800円安くなり同条件では「最安水準」です。


 毎月1回、ローソンで数百円相当の商品と無料で交換できるクーポンがもらえるので、電気代の節約以上にお得感をえられます。また、解約違約金もありません。ローソンが出資している新電力です。


まちエネの公式サイトを見る

3人以上の世帯には


 3人世帯の世帯では、ジャパン電力がおすすめです。3人世帯では中部電力より年間9000円、4人世帯では14000円安くなり中部地方では最安水準の新電力です。解約違約金の発生が無い点でもおすすめです。





関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧