山梨県のガス会社の比較

広告

山梨県のガス自由化の現状は?


山梨県のガス料金比較  ガス会社を自由に選べるガス自由化ですが、山梨県にはその恩恵が及んでいないと言える現状があります。最新情報を解説します。



山梨県内エリア別のガス自由化最新情報


 山梨県内のガス自由化の現状を解説します。


東京ガス山梨のエリアに「ついに」新規参入が


山梨県側からの富士山


 2017年のガス小売自由化以来、山梨県内に新規参入したガス会社が「1社も無い」状況が続いていました。選べるのに選べない状況にありました。


 ですが2022年に入り、ついに東京ガス山梨のエリアにニチガスが参入し、東京ガス山梨よりも割安な料金プランの提供を開始しています。ニチガスはガスだけでも契約出来るので、他社の割安な電気料金プランと組み合わせて利用するのもおすすめです。


 詳細な料金シミュレーションなどは以下の記事を参照してください。


吉田ガスのエリアは新規参入無し


 吉田ガスのエリアについては、残念ながら新規参入の会社が無い状況が続いています。東京ガス山梨のエリアに参入したニチガスも現在のところ吉田ガスのエリアには対応していません。


 選択肢が無いためガス会社の変更が出来ない状況です。


プロパンガスを使っている場合は


プロパンガス


 プロパンガスは1996年に自由化されており、山梨県内の多くの地域に参入企業があります。切り替えで年間5万円以上安くなる場合もあるので、まずは見積もりを取ってみてください。


 なお、賃貸にお住まいの場合は切り替えが出来ません。正確には大家さんと交渉すれば切り替えられますが、難しい場合が多いです。


電気の切り替えもおすすめ


 電気だけで契約できる、電気代が安い新電力会社を449社から厳選して世帯人数別に紹介します。


1人暮らし世帯で安いのは


 一人暮らし世帯の平均使用量(20A契約・月170kWh)では、CDエナジーダイレクトの「ベーシックでんき」が関東で安いです(当サイトで掲載している449社・5578プラン中)
 東京電力エナジーパートナーの標準メニュー(スタンダードS)との料金比較は以下のとおり(2024年6月分の燃料費調整額・料金、ポイント還元含む、同額の再エネ賦課金・政府電気代補助金は含まない)


使用条件 年間節約額
CDエナジー
ベーシックでんき
1人暮らし
20A/月170kWh
-1888円

 CDエナジーは中部電力と大阪ガスが共同で設立し、首都圏で営業している新電力会社です。東京ガスやENEOSでんき、auでんきなど主要な新電力と比較しても安いです(一人暮らし世帯の平均使用条件で)


 解約違約金や初期費用もありません。CDエナジーでは「シングルでんき」なども提供していますが、一人暮らし世帯の平均使用量では「ベーシックでんき」が安いです。


 電気の申し込みで千円分のポイントがもらえるキャンペーンを2024年7月31日まで実施しています。公式サイトからの申し込み限定です。
 加えて公式LINEとマイページ(カテエネ)に登録すると千円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています(実施期限無し) いずれも登録費用などは掛かりません。



2・3人暮らし世帯で安いのは


 2人暮らし世帯の平均使用量(30A契約・月348kWh)と、3人暮らし世帯の平均使用量(40A契約・月391kWh)では、CDエナジーダイレクトの「ベーシックでんき」が関東で安いです(当サイトで掲載している449社・5578プラン中)
 東京電力エナジーパートナーの標準メニュー(スタンダードS)との料金比較は以下のとおり(2024年6月分の燃料費調整額・料金、ポイント還元含む、同額の再エネ賦課金・政府電気代補助金は含まない)


使用条件 年間節約額
CDエナジー
ベーシックでんき
2人暮らし
30A/月348kWh
-6667円
3人暮らし
40A/月391kWh
-9366円

 CDエナジーは中部電力と大阪ガスが共同で設立し、首都圏で営業している新電力会社です。東京ガスやENEOSでんき、auでんきなど主要な新電力と比較しても安いです(2・3人世帯平均使用条件で)


 解約違約金や初期費用もありません。


 電気の申し込みで千円分のポイントがもらえるキャンペーンを2024年7月31日まで実施しています。公式サイトからの申し込み限定です。
 加えて公式LINEとマイページ(カテエネ)に登録すると千円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています(実施期限無し) いずれも登録費用などは掛かりません。



4人以上世帯で安いのは


 4人以上世帯の平均使用量(50A契約・月437kWh)では、CDエナジーダイレクトの「ファミリーでんき」が関東で安いです(当サイトで掲載している449社・5578プラン中)
 東京電力エナジーパートナーの標準メニュー(スタンダードS)との料金比較は以下のとおり(2024年6月分の燃料費調整額・料金、ポイント還元含む、同額の再エネ賦課金・政府電気代補助金は含まない)


使用条件 年間節約額
4人世帯
50A/月437kWh
ベーシックでんきB -12221円
ファミリーでんき -12621円

 CDエナジーは中部電力と大阪ガスが共同で設立し、首都圏で営業している新電力会社です。東京ガスやENEOSでんき、auでんきなど主要な新電力と比較しても安いです(4人世帯平均使用条件で)


 解約違約金や初期費用もありません。注意点としては、月の使用量が300kWhを下回ると東電より高くなる料金体系です。太陽光発電を設置している等、電気の使用量が少ない場合は同じくCDエナジーの「ベーシックでんき」をおすすめします。


 電気の申し込みで千円分のポイントがもらえるキャンペーンを2024年7月31日まで実施しています。公式サイトからの申し込み限定です。
 加えて公式LINEとマイページ(カテエネ)に登録すると千円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています(実施期限無し) いずれも登録費用などは掛かりません。





関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧