山梨県のガス会社の比較

山梨県のガス自由化の現状は?


山梨県のガス料金比較  ガス会社を自由に選べるガス自由化ですが、山梨県でも地域によって選べるガス会社が異なります。地域ごとに詳しく解説します。



ガス自由化でも「選べない」山梨県


 山梨県内のガス自由化の現状を解説します。


自由化したのに新規参入が無い


 2017年のガス自由化により、各家庭や店舗などでガス会社を「自由に」選べるようになりました。しかし山梨県内ではガス自由化により参入したガス会社が1社も無い状況が続いているため、乗り換えが実質出来ない状況が続いています。


 県内では東京ガス山梨と吉田ガスの2社が都市ガスを供給していますが、いずれのエリアについても対応している新規参入のガス会社はありません。
 東京ガスの「東京地区」には多数の新規参入がありますが、東京ガス山梨のエリアにはいずれの新規参入会社も対応していないため注意が必要です(もともとの料金プランも東京地区と山梨では全く異なる)


プロパンガスを使っている場合は


プロパンガス


 プロパンガスは1996年に自由化されており、山梨県内の多くの地域に参入企業があります。切り替えで年間5万円以上安くなる場合もあるので、まずは見積もりを取ってみてください。


 なお、賃貸にお住まいの場合は切り替えが出来ません。正確には大家さんと交渉すれば切り替えられますが、難しい場合が多いです。


電気の切り替えもおすすめ


 電気だけで契約できる、電気代が安い新電力会社を420社から厳選して世帯人数別に紹介します。


一人暮らし世帯には


 一人暮らしの場合は、中部電力と大阪ガスが設立したCDエナジーが安いです。一人暮らしの平均使用量では東電より3.3%安くなり、解約違約金の無いプランの中では最安水準です。20A以下の場合は「ベーシックでんき」プラン、30A以上の場合は「シングルでんき」プランが安いです。



2・3人世帯には


2・3人世帯にはエルピオでんきがおすすめです。2人暮らしの平均使用量で東電よりも年間8371円安くなり、電気料金だけでトップクラスの安さを実現しています。


 更に、入会特典として高額なキャッシュバックやAmazonギフト券などがもらえるキャンペーンを実施していることが多い点にも注目です。解約違約金の発生もありません。



4人以上の世帯には


 4人世帯の世帯では、ジャパン電力がおすすめです。4人世帯では東京電力より年間18000円安くなり関東では最安水準の新電力です。解約違約金の発生が無い点でもおすすめです。





関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧