関電ガスと楽天ガスの比較

関電ガスと楽天ガス、本当に安いのは?


 関電ガスと楽天ガス、ガス料金が安いのはどちらなのか。電気とのセット契約も含めて、世帯人数ごとの平均使用量でのシミュレーション結果をもとに結論を出します。



関電ガスと楽天ガスの比較


 関電ガスと楽天ガスを比較していきます。


ガス料金プランの比較 どちらが安い?


 大阪ガスの「一般契約」から切り替えた場合の、世帯人数別の平均使用量での試算をもとに料金比較を行います。


お得率と年間節約額
1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
関電ガス
電気とセット
-10.5%
-4719円
-10.7%
-7530円
-10.7%
-9020円
-10.7%
-9206円
関電ガス
ガスのみ
-7.8%
-3481円
-8.0%
-5594円
-8.0%
-6701円
-8.0%
-6839円
楽天ガス -1.8%
-807円
-2.9%
-2021円
-3.6%
-3022円
-3.7%
-3147円

 関電ガスは関電の「なっトクでんき」とセット契約にすることで、ガス代が安くなるセット割を提供しています。標準メニューである「従量電灯A」との組み合わせではセット割は適用されません。


 いずれのケースでも、関電ガスの方が楽天ガスより安いと言えます。


関西電力公式サイト 楽天ガス公式サイト

電気料金の比較


 関西電力の標準的なプランである「従量電灯A」と比較して、年間いくらお得になるのか。世帯人数ごとの平均使用量で試算した結果を紹介します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
関西電力
なっトクでんき
-4.4%
-1986円
-5.4%
-5449円
-5.2%
-6028円
-5.0%
-6648円
楽天でんき
プランS
+1.3%
+561円
-8.1%
-8257円
-9.9%
-11514円
-11.3%
-14999円

 いずれもガスとセット契約対象プランの電気料金です。


 一人暮らしの場合は関電「なっトクでんき」の方が安いです。楽天でんきは関電標準メニュー(従量電灯A)よりも高くなってしまいます。


 一方、二人以上の世帯では楽天でんきの方が安いです。使用量が増えれば増えるほど、その差は大きくなります。


関西電力公式サイト 楽天ガス公式サイト

ガス・電気トータルでお得なのは?


 ガス・電気あわせて総合的に判断すると、一人暮らし・二人暮らしに関しては関電の方が安く、3人以上の世帯では楽天電気・ガスが安いという結論になります(平均的な使用量の場合)



サービス内容の比較


 料金以外のサービス内容や細かな条件を比較します。


関電ガス 楽天ガス
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
支払方法 クレジットカード 口座振替、クレジットカード
付帯サービス 特に無し 特に無し

 2社とも「かけつけサービス」のような付帯サービスはありません。大きな差は無いと言えます。


 支払い方法については、楽天ガス・電気はカード払いのみとなっています。


関西電力公式サイト 楽天ガス公式サイト

両社の特徴をまとめます


 最後に、両社の特徴をまとめます。


関電ガス


 ガスだけで契約する場合、一般家庭では楽天ガスよりも大幅に安いです。電気とセット契約にする場合については一人暮らし・二人暮らしでは楽天ガス・電気よりも安いです。


 口座振替での支払いにも可能です。


関西電力公式サイト

楽天ガス


楽天の本社ビル

楽天グループの本社ビル

 電気だけで契約する場合は2人以上の世帯で、電気・ガスをセット契約にする場合は3人以上の世帯で関電よりも料金が安くなります。


楽天ガス公式サイト



関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧