エルピオ都市ガスと東京電力のガスの比較

エルピオ都市ガスと東京電力のガス、本当に安いのは?


 エルピオ都市ガスと東京電力の都市ガス、料金が本当に安いのはどちらか。世帯人数別の試算をもとに分かりやすく比較します。



ガス料金プランの比較 お得なのは?


 エルピオ都市ガスと東京電力ガスを比較していきます。


世帯人数別 ガス料金の比較


 東京ガスの「一般契約」から切り替えた場合の、世帯人数別の平均使用量での試算をもとに料金比較を行います。


お得率と年間節約額
1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
エルピオ都市ガス
スタンダード
-3.9%
-1529円
-4.7%
-2895円
-4.8%
-3515円
-4.8%
-3593円
東京電力
とくとくガスプラン
-3.0%
-1165円
-3.0%
-1838円
-3.0%
-2215円
-3.0%
-2262円

 いずれの使用量においても、エルピオ都市ガスの方が安いです。東電との比較だけでなく、東京ガスエリアのガス会社の中でも「最安値水準」と言える料金プランです(2人以上の世帯では)


 東電は東京ガスと比較して一律3%安くなる料金設定ですが、契約当初12ヶ月のみ「スタート割」が加算され合計で8%引きとなります。エルピオは別途、入会特典でキャッシュバックなどが提供されており、諸々込みでもエルピオの方が安いと言えます。


 ほか、エルピオは「エルピオでんき」とセット契約で月100円割引、東電も専用の電気料金プランに切り替えることで月102円が割り引かれるセット割引があります。


電気料金の比較


 世帯人数ごとの「平均使用量」で東京電力の標準的なプランであるの「従量電灯B」と比較して、年間いくら安くなるのかを試算します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
エルピオでんき
スタンダードS
30A以上で
契約可
-7.4%
-8371円
-11.2%
-14862円
-11.7%
-17850円
東京電力
スタンダードS
-0.5%
-243円
-0.5%
-555円
-0.5%
-643円
-0.5%
-735円
東京電力
プレミアムS
+143%
+73469円
+12.8%
+14536円
-0.9%
-1252円
-3.3%
-5069円

 いずれもガスとのセット割引の対象となる電気料金プランです。なお、東電は標準的なプランである「従量電灯」はセット割引対象プランではないため、セット割引を適用するには電気の契約変更も必要です。


 エルピオでんきは20A以下では契約できません。30A契約、一人暮らしの平均使用量(月170kWh)で試算すると東電のスタンダードSとほぼ同額、それより使用量が少ないと割高・多いとぐんと安いです。


 2人以上の世帯ではガス代・電気代ともにエルピオの方が格段に安いと言えます。一人暮らしの場合は電気、ガスとも東電でもエルピオでもない他社を選んだほうが良いでしょう。


サービス内容の比較


 料金以外のサービス内容や細かな条件を比較します。


エルピオ都市ガス 東京電力ガス
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
Amazonプランなどは有り
支払方法 クレジットカード、口座振替
付帯サービス 駆けつけサービス
ガスには付帯無し
駆けつけサービス

 「駆けつけサービス」は、何かトラブルが発生した際に無料で応急処置をしてくれるサービスです。


 東電はガス、もしくは電気の対象プランを契約すると無料で付帯します。電気、水回り、窓ガラス、カギのトラブルに無料で応急処置をしてくれるという内容です。


 エルピオは都市ガスには駆けつけサービスは付帯しておらず、エルピオでんきの方に駆けつけサービスが無料付帯しています。電気のトラブルに対応するものです。


 ガスだけ契約する場合、エルピオには駆けつけサービスが付かない、また対象範囲が東電の方が広い点をふまえると、サービス内容は東電の方がより手厚いと言えます。


エルピオ都市ガス公式サイト

両社の特徴をまとめます


 最後に、両社の特徴をまとめます。


エルピオ都市ガス


 単体契約、セット契約とも東電よりも「安い」です。安さを求める人にはエルピオがおすすめです。


 入会特典として手厚いキャッシュバックを提供しているのも利点です。最新情報は公式サイトで確認してください。


エルピオ都市ガス公式サイト

東京電力のガス


 料金面ではエルピオに見劣りすると言えます。電気・ガスのセット契約では、一人暮らし世帯のみエルピオよりも安くなるケースがあります。


 駆けつけサービスがエルピオよりも充実した内容となっている点がメリットとして指摘できますが、実は東京ガスの電気(ずっとも電気1)を契約すると同程度の駆けつけサービスが付帯する上、東電のセット契約よりも2人以上の世帯では料金が安いのでこちらがおすすめです。




関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧