CDエナジーダイレクト(あなたガス)の評価

CDエナジーダイレクト(あなたガス)を解説!


 「あなたガス」のブランド名でガス自由化に参入したCDエナジーダイレクト。そのサービス内容や料金プランを、他社と比較しながら詳しく解説します!



公式サイト

CDエナジーダイレクトってどんな会社?


 まずはCDエナジーダイレクト(あなたガス)について説明します。


中部電力と大阪ガスの共同出資会社


 「CDエナジーダイレクト」という社名の知名度はゼロに等しいですが、中部電力と大阪ガスが折半出資して2018年に設立された会社です。


 大手電力会社(販売量で国内2位)と大手ガス会社(同じく国内2位)がタッグを組み、首都圏に打って出ることを目的として設立されました。両者とも地盤の中部・関西エリアでは競合に顧客を奪われる立場であるため、首都圏の顧客を獲得することで売上を伸ばそうとしています。


 ちなみに、供給するガスは東電系の会社から調達するそうです。




料金プランの解説


東京ガスと比較していくらお得?


 東京ガス(東京地区)の「一般契約」からHTBエナジーのガスに乗り換えた場合の、世帯人数ごとの試算です(総務省「家計調査」から求めた平均使用量で試算)


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
あなたガス
電気とセット
-3.6%
-1371円
-3.6%
-2160円
-3.6%
-2600円
-3.6%
-2655円
あなたガス
ガスのみ
-3.1%
-1187円
-3.1%
-1869円
-3.1%
-2249円
-3.1%
-2297円

 東京ガスの料金プランと比較した「お得率」はご覧の通り。
 セット契約、ガスのみの契約ともに東京ガスエリアの新規参入企業の中ではやや劣る料金プランと言えます。


 この他、ガス式の床暖房などを設置している家庭向けのプランもあります(東ガス「暖らんプラン」相当) こちらのプランは東ガスより「わずかに」安いです。


公式サイト

セット割引は?


 CDエナジーダイレクトが展開している「あなた電気」とのセット契約が可能です。セット契約することで、ガス料金が0.5%安くなります。


 電気料金の水準としては、関東の新電力の中では「中位クラス」という感じで、大幅な節約が見込めるわけではないものの、まあまあ安いです。セット契約せずに、ガス・電気ともに別々の会社と契約した方が圧倒的に安いです。


 電気料金の比較表もあわせてご覧ください。


供給エリアは?


 当初の供給エリアは東京ガスの「東京地区」です。


支払い方法は?


 口座振替とクレジットカード払いに対応しています。


解約時の違約金は?


 特に契約期間の定めは無く、違約金は発生しないとのことです。


 電気についても同様に、違約金の発生はありません(こちらは書類上は「1年契約」)


公式サイト

CDエナジーダイレクトの評価


他社との提携に期待


 料金プランについては前述の通り、後発でありながらインパクトに欠ける内容です。また、マスメディアを使った大規模なプロモーションも行わない方針を示しています。


 2018年度中に「10万件」の契約獲得を目標としているそうですが、正直この内容だとかなり厳しいでしょう。


 既に発表されている東急でんきとの提携のように、多くの顧客を抱える企業との提携をいかに増やしていくかが、CDエナジーダイレクトの成功の鍵となるはずです。


 現在、通信や商社、銀行など幅広い業種の企業と交渉中だそうなので、今後の展開に期待したいところです。


公式サイト

特徴的なサービスは「ポイント」


 後発でありながらこれといった魅力が無いCDエナジーダイレクトのサービスですが、他社が導入していない独自の「ポイント」制度を用意しています。


 「家族ポイント割」という仕組みで、離れて暮らす家族(2親等以内)が中部電力もしくは大阪ガスと契約している人が東京で「あなたガス」と契約した場合に、ポイント還元があります。


 中電契約者は毎月100ポイント(中電が運営する「カテエネポイント」)、大ガス契約者は1000円分のクオカードがもらえます。


 東京で一人暮らしをしている学生さんや、単身赴任者などにメリットがある制度です。




関連記事


都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧