コープデリガスの評価

コープデリガスの概要


 「コープデリ」を展開するコープみらいが都市ガスの販売を開始しました。東京ガスや他の新規参入ガス会社と比較しながら、メリット・デメリットを解説します。



コープデリガスとは?


 まずはコープデリガスについて説明します。


CDエナジーと提携してガス自由化に参入


 ガス自由化に参入するにはガスの製造工場や保安体制を用意する必要があり、参入のハードルが非常に高いと言われています。電力自由化と比較して参入企業が増えていない原因と指摘されています。


 コープみらいは自前でそうした体制を整えるのではなく、中部電力大阪ガスが共同で設立したCDエナジーダイレクトと提携することで参入を実現しています。コープみらいがCDエナジーの契約を取次ぐ形をとっています。


料金プランの解説


ガス料金はいくらお得になるの?


 大手ガス会社の標準的なプランである「一般契約」からコープデリガスに乗り換えた場合の、世帯人数ごとの試算を紹介します。(総務省「家計調査」から求めた平均使用量で試算)


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
東京ガスのエリア -3.1%
-1211円
-3.1%
-1906円
-3.1%
-2294円
-3.1%
-2343円

 東京ガスと比較して一律3.1%安くなる料金体系です。同エリアの新規参入ガス会社としては「平均的」と言える料金水準です。


 「一般契約」相当のプランの他にも、床暖房用プランに相当するプランなどもあります。


セット割引は?


 「コープデリでんき」とあわせて契約すると、月120円(税込み)のセット割引が適用されます。


 電気料金プランについては以下でシミュレーションできます。料金水準は関東の新電力としては平均〜やや安いと言える水準です。


供給エリアは?


 東京ガスのエリアの一部に対応しています。神奈川県などには対応していません。


支払い方法は?


 コープデリの宅配サービスの料金とあわせて口座振替での支払いとなります。


コープデリガスの評価


セット契約ではまずまずお得


 ガス代の水準は「平均的」といえるもので、取り立ててお得とは言い難い料金プランですが、コープデリでんきとセット契約にした場合は十分お得と言える料金水準です。


内容 電気料金 ガス料金 月合計 月の差額
東京ガスのガスと
東電の電気
9477円 5100円 14577円 -
電気・ガスともに東京ガス 8727円 5100円 13827円 -750円
電気・ガスともにCDエナジー 8891円 4917円 13808円 -769円
電気・ガスともにENEOS 8805円 4896円 13701円 -876円
電気・ガスともにコープデリ 8710円 4917円 13627円 -950円
いずれも原料調整費などは含まず ガスは31立米、電気は348kWh:30Aで計算

 東京ガスやENEOSのセット契約よりも安いです。電気・ガスのセット契約では上位のプランと言えます。特に一人暮らし世帯では非常に安いです。




関連記事


都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧