ピタでんの都市ガス自由化

ピタでんに都市ガスは無いの?


 新電力大手のF-Powerが家庭向けの電力サービスとして提供している「ピタでん」 ピタでんの都市ガスについて、最新情報を解説します。



ピタでんの都市ガスへの参入状況


 ピタでんのガスの現状を解説します。


ガス自由化には未参入のピタ電


 ピタでんは2020年現在、ガス自由化には参入していません。


 電気代の安さで密かな人気を集めるピタでんなので、低料金の都市ガスの販売が期待されていますが、今のところ参入には至っていないという状況です。ガス自由化の参入に必要な「登録ガス小売事業者」としての登録も行っていません。


セット割引も無し


 自社でガスに参入せずに、ガスを販売している他社と提携して電気・ガスの「セット割引」を提供している新電力もあります(auでんきなど)


 ですが、ピタでんに関しては現在のところそうのようなセット契約プランも導入していません。


ガス自由化の参入のハードルが高い


 ガス自由化は参入のハードルが高いと言われており、参入企業の増加が伸び悩んでいます。ガスの製造工場や、ガスの原料であるLNGの調達、あるいは定期点検などの保安体制を揃える必要があり、自社ですべて揃えると数十億円では利かない規模の投資が必要です。


LNGタンカー

ガスの原料となるLNGを運搬するタンカー

 ピタでんを提供するF-Powerは新電力としては「大手」の企業ですが、ガス自由化自体が伸び悩んでいる状況にあるため、そうした大規模な投資に踏み切るのは難しいとみられます。


 また、ENEOSLooopのように他社と提携することで大規模な設備投資をすることなくガス自由化に参入する動きもみられますが、そうした他社に依存したビジネスモデルではガス料金を大幅に割安に設定することが難しいため、仮にピタでんが他社と提携してガス自由化に参入したとしても「最安値水準」を実現している電気料金プランと比べると見劣りするものとならざるを得ません。


ピタでん契約者におすすめのガス会社は?


 ピタでんがガスを提供していない今、ガスはどうすればいいのか。「正解」を紹介します。


他社と組み合わせるとお得です


 ピタでんはガスの販売、あるいはガスとのセット割引を提供していないので、ガスはガスだけで安くなる会社と契約するのがおすすめです。


 ほとんどのケースで、電気・ガスをセット契約にするよりも、それぞれ別々に契約した方がトータルで安くなります。特にピタでんは電気料金が安いので、ガスだけで契約できる安い会社と組み合わせた方がセット契約よりも格段にお得になります。


 ガス料金プランの比較は以下の記事で。




関連記事


都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧