東急電気のガスの評価

「東急電気」のガスを解説します


 東急グループのエネルギー企業、東急パワーサプライ(電気)が都市ガスにも参入しました。沿線の住民に向けたサービスのメリットや、料金プランを解説します。



公式サイト

東急電気ってどんな会社?


 まずは東急パワーサプライについて説明します。


青葉区の5世帯に1世帯が利用


 東急パワーサプライは東急電鉄系のエネルギー企業です。2016年から主に東急沿線の家庭に電気を販売しており、東急が中心となって開発してきた横浜市青葉区では「5世帯に1世帯」という高いシェアを誇っています。沿線にお住まいの人は、駅や電車内で広告を目にしたことが一度はあるはずです。


東急8500系


ガスは他社から供給


 そんな東急パワーサプライですが、ガスを始めるにあたって中部電力と大阪ガスが共同で設立したCDエナジーダイレクトという会社と提携しています。


 ガス事業に参入するには原料となるLNGを調達したり、それを都市ガスに加工する設備が必要です。自前で一から参入するにはかなりハードルが高いと言われており、ガス自由化に参入する企業が少ない要因の一つとなっています。


 東急はCDエナジーダイレクトにガスを供給してもらうことで、このハードルをクリアしました。


 ちなみに、東急パワーサプライはもともとは東急電鉄の100%子会社として設立されましたが、2018年3月に東北電力からも出資を受けています。日本のエネルギー大手が入り乱れる会社です。


公式サイト

料金プランの解説


東京ガスと比較していくらお得?


 東京ガス(東京地区)の「一般契約」から東急のガスに乗り換えた場合の、世帯人数ごとの試算です(総務省「家計調査」から求めた平均使用量で試算)


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
東急でんき&ガス
電気とセット
-2.3%
-907円
-2.0%
-1255円
-2.0%
-1477円
-2.0%
-1505円

 東京ガスの「一般契約」相当のプランです。この他、東ガスの「暖らんプラン」「湯ったりエコプラン」相当のプランもあります。


 料金水準は他社と比べて見劣りすると言えるものです。
 他社との比較は以下の記事で。


セット割引は?


 前提として東急のガスを契約するには、東急の電気も契約する必要があり「セット契約」が前提のサービスとなります。


 セット割引としては、イッツコムやケーブルテレビ品川とのセット割引が月350円(年4200円)なのでこれらの契約がある世帯ではお得感がグッと高まります。


公式サイト

供給エリアは?


 東京ガスの供給エリアが対象となります。
 東急沿線以外の地域でも契約できます。


東急5080系


支払い方法は?


 クレジットカード払いと口座振替に対応しています。
 東急CARDを使うと1%分のポイントが付く特典があります。


 ガス料金は電気料金と一緒に支払うことになります。


東急のガスの評価


点検などは東急でんき&ガス サポートが担当


 ガスの供給はCDエナジーダイレクトが行いますが、法律で義務付けられているガス機器の点検などは東急パワーサプライが委託した会社(東京ハーツ、エネルギーマーケットの2社)が行います。


 ガスコンロや給湯器などの設備は4年に1度の点検が必要ですが、こうした点検やガスの開栓・閉栓作業を担当します。


公式サイト

電気・ガス トータルの料金水準は?


 ガス料金は他社と比較してやや見劣りする水準、また電気料金については以下の記事で詳しく解説していますが、やはり他社より見劣りする水準なのでトータルでも他社の方がお得と言えます。


東急 東京ガス
ガス料金 -1446円 -0円
電気料金 -6661円 -10872円
合計 -8107円 -10872円

 東京ガスに「まとめる」場合と比べると、東急の方が年間2千円程度高くなります(3人世帯の標準使用量での試算) ただし、イッツコムなどを契約している場合は月350円(年4200円)のセット割があるため、東急にまとめた方がお得になります。


 イッツコム、ケーブルテレビ品川を契約している世帯にはおすすめです。




関連記事


都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧