中部電力の都市ガスの口コミ・評判【料金/セット割】

身近な会社を選べるようになる


中部電力のロゴ  都市ガスの自由化が始まると、一般家庭でも様々なガス会社を自由に選べるようになります。でも、東京の人が沖縄のガス会社と契約するようなことは難しいかもしれません。都市ガス自由化でガス会社の数は一気に増えますが、身近な会社から選べれば、私たちには一番都合が良いと思います。どのような会社が参入してくるのかご紹介しましょう。


地域電力会社ではすでに取組が始まっています


 東電、関電など地域電力会社ではすでに、企業など大口需要者に向けたガスの小売りに取組んでいます。もともと電力会社は発電に使う液化天然ガス(LNG)を輸入していますので、都市ガス自由化には充分対応できる素地を持っています。こうした中で、中部電力が都市ガス自由化に向けてどのような取組をしているのか見てみましょう。


都市ガス自由化への参入を目指して


 地域電力第3位の規模を誇る中部電力では、2017年の都市ガス自由化に向け「電気とガスとのワンストップ販売は顧客ニーズがあり、しっかり応えていきたい」(勝野社長)と前向きな姿勢を鮮明にしています。当初、保安面で消極的な姿勢も見られましたが、競合する東電がソフトバンクと提携し携帯電話料金のセット販売を構想しており、こうした市場競争を逆にチャンスとして中部電力は従来の電力顧客へのポイントサービスや、スマートメーターを活用した「高齢者見守り」という画期的なサービスで、一層の顧客囲い込みを促進して行くことを表明いています。


電気・ガスのセット販売が激化


 中部電力では、今後、ガス・通信会社などとの提携を含め、首都圏市場にどうやって進出していくのか。中部圏の都市ガス会社のグループ化を含め、参入の具体策が注目されています。いずれにしても既存の地域電力会社は電気・ガスのセット販売など“囲い込み戦略”の進展にともない、全国的な電力・ガス業界再編の機運が高まって行きます。


供給エリアは?


 中部電力の都市ガスの供給エリアは、東邦ガスの都市ガス供給エリアと公式サイトで発表がありました。東邦ガス以外の都市ガスをお使いのエリアでは、当面は利用することが出来ない見通しです。




関連記事

ガス小売会社の一覧&ランキング

ガス会社の一覧を紹介する予定です

都市ガス小売自由化とは?

ガス自由化の制度をわかりやすく解説します

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧(予想)