ENEOS都市ガスと楽天ガスの比較

ENEOS都市ガスと楽天ガス、本当に安いのは?


 ENEOS都市ガスと楽天ガス、ガス料金が安いのはどちらなのか。電気とのセット契約も含めて、世帯人数ごとの平均使用量でのシミュレーション結果をもとに結論を出します。



ENEOS都市ガスと楽天ガスの比較


 ENEOS都市ガスと楽天ガスを比較していきます。


ガス料金プランの比較 どちらが安い?


 東京ガスの「一般契約」から切り替えた場合の、世帯人数別の平均使用量での試算をもとに料金比較を行います。


お得率と年間節約額
1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
ENEOS都市ガス -4.4%
-1719円
-4.4%
-2717円
-4.4%
-3273円
-4.4%
-3343円
楽天ガス -1.0%
-388円
-1.0%
-612円
-1.0%
-737円
-1.0%
-753円

 東京ガスと比べて定率で1%安くなる楽天ガスに対し、定率で4.4%安くなるのがENEOS都市ガスです。ガス料金としてはいずれの条件においてもENEOS都市ガスの方が安いと言えます。


公式サイト 楽天ガス公式サイト

電気料金の比較


 東京電力の標準的なプランである「従量電灯B」と比較して、年間いくらお得になるのか。世帯人数ごとの平均使用量で試算した結果を紹介します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ENEOSでんき
2年契約
-3.6%
-1824円
-7.1%
-8065円
-7.9%
-10497円
-8.6%
-13098円
ENEOSでんき
Vプラン
-2.8%
-1412円
-6.4%
-7237円
-7.2%
-9566円
-7.9%
-12057円
楽天でんき
プランS
20A契約不可 -3.2%
-3617円
-6.9%
-9218円
-10.0%
-14969円

 1〜3人世帯ではENEOSでんきが安く、4人世帯のみ楽天でんきが安い結果となりました。


 楽天電気は「基本料金0円」という料金体系なので、基本料金が高くなる50A以上の契約でメリットが大きくなります。50A以上では楽天電気、40A以下ではENEOS電気が安いです。


 なお、ENEOS・楽天とも特に「セット割引」は提供されていません(楽天ガスを契約するには楽天電気の契約が必要)


ガス・電気トータルでお得なのは?


 ガス代は全ての試算条件でENEOS都市ガスが安く、電気は3人以下の世帯でENEOSが安い結果となりました。


 電気・ガスをセット契約として見た場合、一人暮らしから4人世帯までいずれの条件でもENEOSの方が楽天よりも安いです。更に使用量が増えたり、契約容量が例えば60A以上になった場合は楽天の方が安くなる場合がありますが、平均的な1〜4人世帯ではENEOSの方が安いという結論です。


公式サイト 楽天ガス公式サイト

サービス内容の比較


 料金以外のサービス内容や細かな条件を比較します。


ENEOS都市ガス 楽天ガス
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
支払方法 口座振替、クレジットカード クレジットカード
付帯サービス 特に無し 特に無し

 2社とも、ガスに関しては特に付帯サービスなどは無く、サービスに大きな差は無いと言えます。支払い方法に関しては楽天はカード払いのみとなっているので注意してください。


 電気の契約について付け加えると、ENEOSでんきは電気のトラブルに応急対応を無料で行う「かけつけサービス」が付帯しており、楽天電気よりもサービス内容が充実していると言えます。


公式サイト 楽天ガス公式サイト

両社の特徴をまとめます


 最後に、両社の特徴をまとめます。


ENEOS都市ガス


ガソリンでおなじみのENEOS


 ガス単体で見ると、楽天ガスよりも明らかに料金が安くお得です。電気・ガスのセット契約で見ても、1〜4人世帯で楽天ガス・電気よりも安いです。


 電気に「かけつけサービス」が付いている点も評価できます。


公式サイト

楽天ガス


楽天の本社ビル

楽天グループの本社ビル

 ガス料金はENEOSよりも残念ながら「高い」です。電気・ガスのセット契約の場合は、5人以上の世帯でENEOSよりも安くなるでしょう。


楽天ガス公式サイト



関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧