ガソリン代が安くなるガス会社

ガソリン代が安くなるガス会社


ガソリンと都市ガスのセット割引き  ガス自由化では「セット割引き」にも注目が集まっていますが、ガソリン代の値引きサービスがあるガス会社はあるのか。最新情報をもとに解説します。



セット割でガソリン代が安くなるガス会社は?


 ガス会社との契約でガソリン代が安くなるセット割引きサービスの現状を解説します。


ガソリン代割引プランは今のところ無い


 残念ながら、2019年8月現在において都市ガス会社との契約でガソリン代が値引きになるサービスはありません。


 ガス自由化で新規参入がある東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガスの四大ガス会社のエリアに参入している会社について調べましたが、現状では給油の割引特典を用意しているところはありませんでした。


ENEOS都市ガスは割引サービス無し


ENEOS都市ガスにガソリンの値引きは無い


 国内ガソリンスタンドのシェアトップのENEOSが、東京ガスのエリアでENEOS都市ガスを展開しています。


 ですが、現時点ではENEOS都市ガスを契約してもENEOSのスタンドでの給油が割引になるサービスは提供されていません。私自身もENEOS都市ガスを契約中で、自宅最寄りのENEOSでいつも給油していますが、割引はありません。なお、ENEOSでんきには給油の割引特典があります(詳しくは以下の解説記事で)


シェル、出光、コスモはガス未参入


 国内でほかに店舗数が多いガソリンスタンドとしては、昭和シェル石油や出光、コスモ石油などがあります。ですがこれらはそもそも家庭向けのガス自由化に参入すらしていない状況です。また、ガス自由化参入企業との提携による割引サービスなども現状ありません。


 なお、昭和シェル石油とコスモ石油は電力自由化に参入しています。コスモ石油は給油の割引特典はありませんが、昭和シェル石油については電気を契約すると給油が2円/L引きになる特典があります(月100Lまで)


昭和シェル石油がガス自由化に未参入


給油が割引になるサービスがおすすめ


 ガス自由化でガソリン代が割引になる特典は残念ながら無いので、ほかにガソリン代を安くする方法を紹介して終わります。


給油割引サービスがある新電力会社


 記事前半でも触れていますが、大手石油各社は電力自由化に続々と参入し、一部は電気の契約者の給油を値引く特典を用意しています。各社の値引き内容を一覧で紹介します。


社名 値引き額 備考
ENEOS 1円/L
月150Lまで
ENEOSカードが必要
昭和シェル石油 2円/L
月100Lまで
クレカの登録が必要
シェル以外のカードも可
コスモ石油 割引特典無し
エッソ・モービル 割引特典無し
出光 家庭向けの電力自由化は未参入

 ENEOSでんきと昭和シェル石油の電気には給油の割引特典があります。いずれも登録したクレジットカードを使ってスタンドで支払うと、割引料金が適用されます。


給油が大幅に安くなるクレジットカード


 ガソリンスタンドが発行しているクレジットカードを利用すると、ガソリン代が大幅に値引きされます。各社のカードの特典を紹介します。


カード名 給油割引
ENEOS
ENEOSカード
2〜7円/L
カードにより異なる
昭和シェル
スターレックスカード
2〜13円/L引き
給油量により割引アップ

 ENEOSカードは3タイプあり、年1回利用すれば年会費が掛からないものもあります(タイプS) また、いずれのカードにも10Kmまで無料のレッカー移動や路上修理(ガス欠給油、脱輪引き上げ、タイヤパンク交換、バッテリーあがりなど)といったロードサービスが無料で付帯します。


ENEOSカード


 シェルのスターレックスカードは年会費が税別1250円掛かりますが、年間24万円以上利用すれば翌年度無料(初年度は無料)です。カード利用額によって給油の割引額が上がる仕組みです。


 シェルスターレックスカード




関連記事


都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧