賃貸マンション・アパートでもガス会社は乗り換えられる?

賃貸でも変更可能?


賃貸アパート、マンションのガス会社変更  ガス会社を自由に選べるようになるのが都市ガス自由化。しかし、「賃貸だと乗り換えられないんじゃないの?」と不安を覚える人も多いでしょう。その疑問にズバリお答えします。


賃貸でもOK!


 賃貸のアパートやマンションでも、ガス会社を自由に選べるようになります。


アパート・マンションでもOK  ガス会社を乗り換えるにあたっては、特に工事は必要ありません。今までのガス管やコンロをそのまま使うので、私たちが分かる変化は「ガス料金を払う先」が変わることくらいです。


 ネットのプロバイダーをイメージしてください。既にネットが開通している物件なら、プロバイダーは基本的に自分で自由に変えられますよね(一方で回線業者の変更は色々とややこしい)
 ガス会社の乗り換えも、プロバイダーの変更と同じような感覚で出来ます。


ガス会社を乗り換えるのに工事は必要?

ガス会社を乗り換える時に工事は必要なの? その費用は?

ガス会社を乗り換える手順や必要なもの

手順や用意するものを説明します

乗り換えられないケースもある


 残念ながら、自由化が行われてもガス会社を変更できないケースもあります。


プロパンガス(LPガス)の物件

プロパンガスのアパートは都市ガス自由化とは無関係

 プロパンガスを利用している賃貸住宅では、ガス会社を自由に乗り換えることができません。


 プロパンガスの場合、どこの業者を選ぶかは完全に自由です(96年に自由化) しかし、アパートや賃貸マンションの場合は大家さんか管理会社に「ガス会社を決める権利」があります。入居者は選ぶことが出来ません。残念ながら諦めた方がいいです。


 そもそも今回の「ガス自由化」は都市ガスの話なので、プロパンには関係ありません。都市ガスとプロパンガスは全く異なる性質を持っているため、使えるガス機器も違います。


 余談: プロパンを導入する際に、ガス屋さんから大家や管理会社に「袖の下」が渡っていることが多いです。例えば「全室にエアコンを無料で付けてあげます」とか、「入居者のガス代の10%を大家に還元する」といった感じです。入居者は都市ガスよりもかなり割高なガス代を負担することになるので、迷惑な話ですよね。


参入業者が少ない地域


 都市ガスに参入する会社には、それぞれ対応出来るエリアがあります。全国全ての家庭に供給できるわけではありません。よって、地域によっては参入する会社が少なかったり、全く参入企業がない地域も出てくると思います。その場合は、残念ながらガス会社を乗り換えることが出来ません。自由化から数年経てば徐々に増えていくと思うので、しばらく様子を見てください。


 具体例を挙げると、四大ガス会社と呼ばれる東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、西部ガス以外の供給エリアでは、当初の参入企業がほとんど無いかもしれません。


入居時にガス会社が指定されている場合


 入居時の契約で、利用するガス会社が定められている場合はそれに従う必要があります。


 まだそうした物件は皆無だと思いますが、今後ガス自由化が進展していくに従って、不動産会社がガス会社として登録し、入居者にガスを供給することも予想されます。電力自由化でもそうした例がいくつか見られ、入居者に利用を求めたケースがありました。


 重要事項説明をよく聞いておいてください。




関連記事

都市ガス小売自由化とは?

ガス自由化をわかりやすく解説します

概要


自由化の仕組み(何が変わるの?) ガス自由化の目的
いつから始まるの?-スケジュール メリット・デメリット

乗り換えについて


いくら安くなるの? 安全性は変わらないのか
緊急時の対応はどうなる? ガス会社が倒産した場合は?
乗り換えの初期費用 ガス自由化の海外事例
乗り換えに工事は必要? 乗り換えの手順と手続き
賃貸マンション・アパートは? 戸建て・持ち家住宅は?
エネファーム設置家庭は?

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧(予想)