都市ガス自由化でガス料金はいくら安くなるの?

自由化でいくら安くなる?


 都市ガス自由化で、毎月のガス料金は何円安くなるのでしょうか?
 料金プランは全く発表されていない段階ですが、現時点で判明している情報を元に予測してみます。


現在のガス代の平均額


4913円/月

 総務省「家計調査」によれば、現在のガス代の平均額は月4913円(2015年)となっています。先に自由化された電気は、毎月1万円を越える平均額です。ガス代に不満を覚えている人はあまり多くないようです。


自由化でいくら安くなる?


ガス自由化でガス料金が安くなる  どの会社もプランを発表していない段階ですが、手がかりとなる新聞記事がありました。


 日経新聞 2016年5月9日の『東電、日ガスに都市ガス供給 小売り自由化控え連携』という記事ですが、その中で日本瓦斯の和田社長が「最低でも現状より10%安でないと消費者に支持されない」と発言しています。


 つまり、乗り換えでガス代が10%安くなる可能性がある、ということです。
 電力自由化の時には、夏〜秋にかけて新電力の首脳が「5%安を目指す」と発言していたので、それと比べると削減幅は大きくなりそうです(結局、値下げ競争で早々に「5%」は最低ラインになりましたが)


まとめ


月-491円
年間5900円程度の削減に期待

 もちろん、地域や使用量などの諸条件にも左右されますが、平均的な世帯(2〜3人暮らし)でもこれくらいの節約が期待出来そうです。元々の額が電気と比べると小さいので、「なんだこれだけか」と思う人もいるかもしれませんが、私のように節約好きの人にとっては見逃せないイベントとなりそうですね。




関連記事

都市ガス小売自由化とは?

ガス自由化をわかりやすく解説します

概要


自由化の仕組み(何が変わるの?) ガス自由化の目的
いつから始まるの?-スケジュール メリット・デメリット

乗り換えについて


いくら安くなるの? 安全性は変わらないのか
緊急時の対応はどうなる? ガス会社が倒産した場合は?
乗り換えの初期費用 ガス自由化の海外事例
乗り換えに工事は必要? 乗り換えの手順と手続き
賃貸マンション・アパートは? 戸建て・持ち家住宅は?
エネファーム設置家庭は?

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧(予想)