レモンガスと楽天ガスの比較

レモンガスと楽天ガス、本当に安いのは?


 レモンガスと楽天ガス、ガス料金が安いのはどちらなのか。世帯人数ごとの平均使用量でのシミュレーション結果をもとに結論を出します。



レモンガスと楽天ガスの比較


 レモンガスと楽天ガスを比較していきます。


ガス料金プランの比較 どちらが安い?


 東京ガスの「一般契約」から切り替えた場合の、世帯人数別の平均使用量での試算をもとに料金比較を行います。


お得率と年間節約額
1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
レモンガス -3.8%
-1483円
-4.3%
-2604円
-4.4%
-3230円
-4.4%
-3308円
楽天ガス -1.0%
-388円
-1.0%
-612円
-1.0%
-737円
-1.0%
-753円

 いずれの条件においても、レモンガスの方が安いです。楽天ガスはポイント還元の1%分安くなるだけなので、レモンガス以外の新規参入のガス会社と比べても「割高」な料金設定です。


サービス内容の比較


 料金以外のサービス内容や細かな条件を比較します。


レモンガス 楽天ガス
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
支払方法 口座振替、クレジットカード クレジットカード
付帯サービス 特に無し 特に無し

 2社とも「かけつけサービス」のような付帯サービスは無く、サービスの部分で大きな差は無いと言えます。楽天ガスについては口座振替に対応していないので注意してください。


楽天ガス公式サイト

両社の特徴をまとめます


 最後に、両社の特徴をまとめます。


レモンガス


 楽天ガスと比較してガス料金が明らかに安いです。


 ガスは安いですが、電気は全く安くないのでセット契約は推奨しません。電気に関しては東電の電気を代理店として取り扱っています。


レモンガス公式サイト

楽天ガス


楽天の本社ビル

楽天グループの本社ビル

 レモンガスと比べるとガス料金は大幅に割高です。他の新規参入ガス会社と比べても割高と言える料金設定です。東京ガスの標準メニューと比べてポイント還元の1%分、お得になる料金体系となっています。


楽天ガス公式サイト



関連記事

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧