都市ガス小売自由化の関連銘柄一覧【株式投資】

2017年の都市ガス自由化で「騰がる」銘柄


 2016年の電力自由化に続き、2017年には「都市ガス自由化」が行われます。この自由化によって解放される市場規模は2.4兆円。電力と比べると3分の1以下の規模ですが、株式市場にも無視できないインパクトを与えること間違いなしです。以下、都市ガス自由化の恩恵がありそうな銘柄をピックアップしてご紹介します。


新規参入企業


 都市ガス自由化でガスの小売に新規参入する企業には大きな注目が集まりそうです。電力自由化の際には、新規参入の代表格であるイーレックス(9517)の株価は2015年10月5日の1271円から、16年5月9日には1831円にまで上昇しています。


銘柄 コード 業種
KDDI 9433 通信
ソフトバンクグループ 9984 通信
JXホールディングス 5020 石油
昭和シェル石油 5002 石油
日本瓦斯 8174 ガス

 ガス自由化に参入する可能性がある企業を挙げてみました。
 この他、大手電力各社も既に参入を正式に表明しています。詳しくは以下の記事で。


都市ガス小売会社の一覧&比較

ガス自由化に参入する企業を独自の調査に基づいて紹介しています

周辺分野


 都市ガスは裾野の広い産業です。ガス自由化の恩恵を受けられるのは、直接新規参入を果たす会社だけではありません。


銘柄 コード 業種
岩谷産業 8088 ガス
日本瓦斯 8174 ガス
りらいあ 4708 コールセンターBPO
ベルシステム24 6183 コールセンターBPO
日本ユニシス 8056 システム
NTTデータ 9613 システム
日立製作所 6501 システム
千代田化工建設 6366 設備
日揮 1963 設備
IHI 7013 設備
東洋エンジニアリング 6330 設備
JFE 5411 設備

保守点検


 都市ガスの自由化にあたって、新規参入企業は法律によって定められた保守点検業務(ガスの開栓など)に対応する必要があります。そこで、従来からガス事業を展開しノウハウを持ったガス会社と提携する動きがあります。


 例えば関西電力中部電力は岩谷産業にガスの保守管理業務で技術協力を受けることを発表しています。正式に発表されたものではありませんが、東京電力は兼ねてより関係の深い日本瓦斯と提携するのではないでしょうか。


コールセンター

ガス自由化でコールセンターBPOがアツい

 電力自由化の際には、中小の新規参入企業を中心にコールセンター業務をアウトソーシングする流れが大きくありました。特に申し込みや問い合わせが殺到する2017年4月前後は、特需的に需要が高まることが予測されます。


システム関連

ガス自由化の恩恵はシステム屋にも

 ガス自由化参入企業からの業務支援システムの受注が盛んに行われるでしょう。2016年下期から2017年上期にかけて、納入が進むはずです。その後も保守管理費など安定的な売上につながる可能性もあります。
 社名は挙げませんが、当サイトに頻繁にアクセスしてガス自由化を熱心に研究している会社もあります。


設備関連

プラントメーカーもガス自由化で売上増

 新規参入企業からの受注が進みそうです。ガス自由化の参入企業は、大手都市ガスや大手電力、石油元売り会社などから「卸売」という形でガスの供給を受ける形で参入する企業が多くなりそうです。そうした「大元」となるような会社からの受注が増えていくでしょう。


 ただし、プラントメーカーのビジネスモデルを考えれば、自由化直後に一気に売上が増えるということは無いでしょう。大口の顧客になるであろう東京電力では、2022年度までに7500億円を投じるとしていますから、息の長い商売になりそうです。




関連記事

都市ガス小売自由化とは?

ガス自由化をわかりやすく解説します

概要


自由化の仕組み(何が変わるの?) ガス自由化の目的
いつから始まるの?-スケジュール メリット・デメリット

乗り換えについて


いくら安くなるの? 安全性は変わらないのか
緊急時の対応はどうなる? ガス会社が倒産した場合は?
乗り換えの初期費用 ガス自由化の海外事例
乗り換えに工事は必要? 乗り換えの手順と手続き
賃貸マンション・アパートは? 戸建て・持ち家住宅は?
エネファーム設置家庭は?

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧(予想)