ガス会社を乗り換える手順や必要なもの

実は簡単な手続きだけでOK


 電力に続いて自由化される都市ガス。電気と違って、手続きや工事など面倒な作業が必要になりそう・・ と、身構えてしまう人も多いようです。ですが都市ガスの乗り換えも、簡単な手続きだけで済むようになると思います。電力自由化の例から、ガス自由化の手続きの流れを予想してみました。


開通までの流れ・手順


 まずは切り替えの手順を紹介します。


1.ガス会社を選ぶ


 料金プランを比較して、どこに乗り換えるのか決めましょう。


2.乗り換え先のガス会社に連絡


 どこのガス会社に乗り換えるのか決めたら、そのガス会社に申し込みをしてください。申し込みにあたっては、今使っているガス会社から毎月届く「検針票」が手元にあると、スムーズに出来ると思います。
 なお、これまで使っていたガス会社への連絡は不要になる可能性があります ※ガス警報器などの設備をリースなどで利用している場合は、これまでのガス会社にも連絡する必要が出てくるでしょう


3.切替日の通知が来る


 新しいガス会社に切り替わる日程の連絡が来ます。


4.切り替え完了


 通知された切替日をもって、ガスの契約が新しい会社に移行します。


 特に工事も必要なく、スムーズに新しい会社に移行できそうです(メーター交換もおそらく不要) また、既にガスを利用中であれば、「開栓」や「閉栓」も必要ありません。引っ越しの時にガスを止めたり開通するために立ち会いが必要になって面倒に感じた経験がある人も多いと思いますが、ガス自由化でガス会社を乗り換える際にはそうした作業は不要です。


ネットで簡単な申し込みをするだけで、
簡単にガス会社を乗り換えることが出来ます。




必要なものは?


 申し込みの時にはガスの検針票が手元にあるとスムーズです。電気やネット回線など、他のサービスとの「セット契約」にする場合は、ガス以外のサービスの契約情報も必要になります。


ガスの検針票を用意しよう

関連記事

都市ガス小売自由化とは?

ガス自由化をわかりやすく解説します

概要


自由化の仕組み(何が変わるの?) ガス自由化の目的
いつから始まるの?-スケジュール メリット・デメリット

乗り換えについて


いくら安くなるの? 安全性は変わらないのか
緊急時の対応はどうなる? ガス会社が倒産した場合は?
乗り換えの初期費用 ガス自由化の海外事例
乗り換えに工事は必要? 乗り換えの手順と手続き
賃貸マンション・アパートは? 戸建て・持ち家住宅は?
エネファーム設置家庭は?

都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧(予想)