京葉ガスの評価

京葉ガス「バリューほっと」のメリット・デメリットを解説


 京葉ガスが自由化向けプランとして提供している「バリューほっと」のメリット・デメリットを、他社のプランとも比較しながら解説します。



公式サイトで詳細を見る

「バリューほっと」とはそもそも何?


 まずは京葉ガスの「バリューほっと」の概要を説明します。


自由化向けプラン


 京葉ガスの「バリューほっと」プランは、京葉ガスが京葉ガスの都市ガス供給エリア向けに提供している「自由化向け」プランです。


 従来からの自社エリアの顧客に向けて提供している割安な料金プランです。


料金プランの解説


ガス料金はいくらお得になるの?


 京葉ガスの標準的なプランである「一般料金」から乗り換えた場合の、世帯人数ごとの試算を紹介します。(総務省「家計調査」から求めた平均使用量で試算)


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
バリューほっと -0.5%
-216円
-3.8%
-2654円
-4.3%
-3681円
-4.4%
-3810円
バリューほっと
長期割
-4.1%
-1805円
-6.0%
-4243円
-6.2%
-5270円
-6.2%
-5399円

 よほど特殊な使い方(月に数日しか家にいないとか)をしなければ、一般家庭では「お得」になる料金体系です。


 縛りの無い通常の契約と、途中解約で違約金が発生する「長期割」の2プランが提供されています。


公式サイトで詳細を見る

セット割引は?


 京葉ガスの電気とセット契約にすることで、電気料金が0.5%割引になるセット割引が提供されています。電気料金プランについては以下の記事で詳しく解説していますが、セット契約を利用しない方がお得です。電気は別途、電気だけで安くなる電力会社と契約することをおすすめします(京葉ガスの電気はあまり安くない)


 電気・ガスをセット契約にするのであれば、2人以上の世帯では京葉ガスよりもニチガスの方が大幅に安いです。以下の記事で2社の電気・ガス料金を詳しく比較しています。


供給エリアは?


 千葉県北東部、市川市や松戸市、習志野市などの京葉ガスの都市ガス供給エリアで契約できるプランです。


支払い方法は?


 口座振替とクレジットカード払いに対応しています。


 なお、口座振替の場合はベーシックな「一般料金」プランと同様に月55円の口座振替割引が適用されます。例えばポイント還元率1%のクレジットカードと比較すると、月々のガス料金が5500円以下の場合は口座振替の方がお得です。


公式サイトで詳細を見る



京葉ガス「バリューほっと」の評価


ニチガスの方が安い


 京葉ガスのエリアではこれまで新規参入が無い状況が続いていましたが、都市ガス・プロパンガス大手のニチガスが京葉ガスのエリアにも参入しました。


 料金は京葉ガスの「一般料金」と比較して7%前後安く設定されており、京葉ガスの「バリューほっと」よりも更にもう2段程度安い料金設定です。


 ガスだけで契約可能です。詳しくは以下の記事で。


「一般料金」よりなぜ安くなるのか


 新規参入も無いのになぜ割安な料金プランを提供しているのか疑問を持つ人も少なくないでしょう。割安に提供できる理由は主に以下のような背景があります。



 一般料金の場合、払込票でコンビニや金融機関の窓口で料金を支払うことが出来ますが、「バリューほっと」はそれが出来ません。また、バリューほっとの「長期割」は契約から2年以内に解約すると違約金が発生します。


 長期割は解約金の設定がありますが、通常の契約では解約金もありません。口座振替やクレジットカードでガス料金を支払う場合、バリューほっとに目立ったデメリットは無いと言えます。


 払込票に対応しないことで若干のコストカットが期待できることに加え、顧客を囲い込もうという意図があるものと推察します。


公式サイトで詳細を見る



関連記事


都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

エリア別料金比較

参入企業一覧