東京電力の都市ガスの口コミ・評判【ガス料金/セット割】

東京電力の都市ガス


東京電力も都市ガス小売に参入  先に自由化された電力では、1年間で50万件を越える契約を東京ガスに奪われてしまった東京電力。今度は自らが都市ガス市場に殴り込みを掛け、東ガスに奪われた顧客を奪い返すべく奮闘しています。


 というわけで、そんな東京電力の「ガス」の特徴や料金プランを詳しく解説していきます!




ガス料金プランの解説


 気になる料金プランを詳しく紹介します。


東京ガスとの比較


 世帯人数ごとの「平均使用量」で比較してみます。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
備考
東京電力
契約1年目
-8.0%
-3044円
-8.0%
-4807円
-8.0%
-5791円
-8.0%
-5914円
東京電力
2年目以降
-3.0%
-1141円
-3.0%
-1802円
-3.0%
-2170円
-3.0%
-2216円

 料金は東京ガスの「一般契約」プランと比較して、一律で3%オフとなっています。ガス料金だけ見ると、使用量に関係なくお得になるので安心感がありますね。


 ただ、お得になる額を見ると分かるとおり、月200円足らずしか安くならないというのは、少しインパクトに掛けますね。同じく東京ガスエリアに参入しているニチガスの方が2人以上世帯ではお得ですし、ガスだけで契約できます。


スタート割


 供給開始から「1年間」に限り、ガス料金が更に5%引きになる割引が適用されます。
 この割引を考慮すると、トータルで「一律8%引き」となります。


電気とのセット契約が必須


 東電のガスを契約するには、電気とのセット契約が必要になります。ガスのみの利用は出来ません。


 また、多くの家庭が契約している「従量電灯」プランとのセット契約は認められていません。そのため、従量電灯で契約しているご家庭は、電気の契約についても「スタンダード」や「プレミアム」など指定プランへの変更が必要になります。


 ちなみに、これらの「指定プラン」はいずれも一人暮らし世帯のように使用量が少ない場合は、従量電灯よりも割高になる料金体系となっているため、くれぐれもご注意ください。


 詳しくは電気料金シミュレーターもご確認ください。




供給エリアは?


 東京都内、神奈川県内の東京ガスの都市ガス供給エリアに対応しています。


東京電力のデメリットは?


 東電のガスのデメリットを挙げていきます。


トータルでは東京ガスがお得


ガス料金 電気料金 月合計 月の差額
東ガスのガスと
東電の電気(現状)
5263円 7865円 13128円 -
ガスも電気も東電(セット) 5105円 7762円 12867円 -261円
ガスも電気も東ガス(セット) 5263円 7464円 12727円 -401円
ニチガスのガスと
ENEOSでんき
4973円 7483円 12456円 -672円
いずれも原料調整費などは含まず ガスは33立米、電気は300kWh:30Aで計算
2〜3人世帯の平均使用量です 電気は「スタンダードS」プラン

 2〜3人暮らしの平均的な使用量で試算してみますと、ガス・電気のセット契約の場合は東電よりも東京ガスの方が月140円(年間1680円)安くなるという結果になりました。したがって、セット契約で手軽に節約するなら選ぶべきは東京ガスということになります。


 更に節約したい場合は、ガスはニチガス・電気は最安になる新電力と契約することをおすすめします。手続きに掛かる時間は5〜10分多くなってしまいますが、これが一番お得です。


電気とのセット契約のみ しかも従量電灯プランは不可


 上でも説明したように、東電のガスは電気とのセット契約が前提となっています。また、多くの一般家庭が利用している「従量電灯」と呼ばれるプランとのセット契約は出来ないため、電気についてもプラン変更が必要になります。少々面倒ですね。


 ガス代で節約しても、電気代がかえって高くなってしまう可能性もあるのでくれぐれも注意してください。




関連記事


都市ガス自由化を知る

ガス会社の比較

参入企業一覧